HSP、繊細、敏感で、すぐ泣いてしまう人、涙が出る人

    HSPはすぐ泣く?

    何かがあるとすぐ泣いてしまう人いますか?
    わたしはわりとよく涙がでるのですが、ずいぶん減りました。
    若かりしころ、人前で話す等といった緊張度が高いときなどになぜか涙がでそうになったりして、恥ずかしくて、困ったことがあります。
    いやいや、ここ泣く場面じゃないよね?というようなときにも、涙が出そうになったり・・・
    自分の言いたいことがうまく言えなくて涙が先にでる・・・泣くからもっと言えない(笑)
    人の泣いているの見て泣く・・・
    困ったさんですね~~(笑)

    涙の理由

    涙は色々な理由がありますが、ひとつはネガティブな感情の蓄積、それが刺激されると身体の反応となって「涙」が現れ出ていると思います。
    もし、感情の入れ物がコップだとしたら、それがいっぱいいっぱいになると、あふれでる。そんなイメージです。
    感情のコップのなかに、悲しみ、怒り、寂しさ、不安・・・・
    今まで生きてきた中のそういった未消化のものもたくさんたまっていたとしたら・・・
    もうあふれんばかりの状態だったら・・・
    HSPはそもそも敏感であるのでちいさな時からいろいろなことを繊細に受け取ってきています。その中でネガティブな未消化の気持ちも
    蓄積しやすい傾向はあるでしょう。
    つまり感情のコップ一杯になっていることが多いということです。
    そして、小さなことも刺激としてとらえますから、何かがあると、感情のコップ、すぐあふれちゃうんですね。
    それはもう、ちょっとしたことですぐ涙が出てしまうのもなんだか納得できます。

    自分と向き合うこと

    私は自分と向き合い、心の癒しを取り組みすすめる中でそんな抑圧しや蓄積された感情・・・つまりコップの中身ですね^^それらとたくさん向きあいました。
    そうして、気づいたら、いつの間にか・・・緊張度高くてもうまく言えなくても、泣かなくなりました(^-^)
    涙がでることはもちろんありますが、なんでこんなときに!?何が理由で?!
    と、自分でも、不可解な涙はなくなり、ほんとうにシンプルな自然な涙になりました。

    感動の涙

    いつの日か、ピアノの演奏会に行って、すてきなオルガンの演奏やソプラノの歌声を聞いて、

    最後に

    ピアニストの方々が出ていらして、みなさんでAmazing Graceを歌われました。
    わたしはイントロですぐ泣きました・・・・もちろん誰も泣いてません(笑)

    娘に「まだ、始まっていないよ」と冷静に言われましたが(笑)わたしは大感激で帰ってきました(笑)

    このときの涙は音楽の美しさ、場の神々しさに、心が震えるような感動だったのです。

    HSPの人は、色々なものに感受性が強く反応しやすい傾向がありますが、

    それはネガティブなものだけでなく、

    美しいものや心温まるものなどにもです。

    もちろん反応しどころはそれぞれ違いますが

    敏感な感受性を楽しめたら、それはきっと心豊かに生きる力になってくれるはずですよ🎵

    感覚に間違いも正解もない。たったひとつのその感性。

    敏感さ繊細さはあなたらしさにつながる道。自信をもってくださいね。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    このようなことも、オンライン講座でお届けします。

    HSPの人や、生きづらさを感じている方に誰にでもわかりやすいということを大切にし、

    難しく思われがちな「心のこと」を、やさしい言葉で伝えたいと思っています。

    (オンライン講座は、ユーチューブで動画を見るようなイメージで、私の講座を受けていただくものです。)

    まずは最初の一歩として、ぜひ学んでみませんか?

    本日、11月30日までお申込みできます♪

     

    クローバー心理セラピスト葵井美香子のクローバー

    敏感、繊細、生きづらさを感じるあなたへもっと楽に生きるための6つの実践ワーク 2018年11月末締め切り

    https://www.cloverpub.jp/aoimikako/

     

     

     

    HSPどうすればもっと楽に生きれるの?気にならなくなるの?

    HSP「五感刺激」の過剰で悩む場合・・・現実的な対処、大事です。

    私はHSPのチェックリストでほぼ満点取れる・・・(笑)くらいですが、HSPは気質ですからなおりません。。。

    当然いろんな音が気になったり日々いろいろあります。

    今日も図書館でお菓子をたべている女子高生の食べる音が気になり集中できず移動(笑)

    先日は、とある時々行く飲食店で壁が揺れてる気がして・・・(笑)いや、揺れてるんですよ、微細に。でも他のメンバーは気づかない。

    娘もいたので聞いてみたんです。そうしたら娘も揺れてるって言います。私はこの揺れが気になり、めまいもしてきて(笑)場所を移動させてもらいました。

    もはや店員さんにとっては「え?壁揺れてる?」と、意味不明の訴えと思うかなとは思いますが、いいんです(笑)

    そんな感じでいろいろありますが、そうはいえども、いまけっこういい感じに過ごしています。つまり、気質は変わらないけど、そこに適切に対処できるようになったこと。また過剰な影響は受けにくくなったということ。(例えば今の例だと、揺れが気になってイライラしたりなどはないし、店員に気を使いすぎて我慢するわけでもなく、普通に対処できる)

    そのためにはまず、自分がHSPだと知ることが大事です。そして、五感刺激への過剰刺激でのお悩みには現実的な対処が必要です。

    例えば・・・

    →音が気になるなら、静かな環境へなるべく移動。無理なら、快適と感じるBGMをイヤホンで聞く。耳栓の活用。

    →においが気になるなら・・・これ結構対処が難しいですが・・・

    私はマスクを使います。できるかぎり移動します。できない場合は、マスクを2枚重ねとか、さらにそこに快適だと感じるエッセンシャルオイルを1滴垂らす。HSPの方で匂いに敏感でもエッセンシャルオイルは好きという方は多いですよね。室内のアロマデュフューザーの活用。空気清浄機の活用。相手がある場合、状況を伝えてみるのもあり。

    →住居の場合、簡単に引っ越しともいかないですから、状況によりますが上記の工夫に加え、しかるべきところへの相談なども考えます。賃貸でしたら引っ越しも考慮します。

    その状況が一時的なものなのか(例えば工事で1か月だけとか)、ずっと改善されない状況なのかそういのも踏まえて決めます。騒音や不快臭などは、HSPの人じゃなくても気になるものです。

    たとえば近所で工事をしている音だったり、特定の騒音などは、誰にとっても解決の難しい事ということも思い出してくださいね。つまりなんでもHSPのせいにして嘆いているよりも(もちろんHSPゆえに影響は大きいけれど)、現実的に対処する冷静さや強さ、アイディアも大切なわけです。

     

    人間関係での悩みは・・・・

    HSPに限らず、人間関係の悩みは当然ありますが、HSPの人は、人の気持ちを察しすぎたり、雰囲気をよみすぎて疲れてしまうなどの傾向があります。

    自分の意見をおさえて相手を優先したり、NOといえなかったり。あるいは、自分がここでこんなふうに言った方がいいとか、言わない方がいいとか。また相手の気持ちを感じ取りやすい傾向なのでネガティブな感情に影響されすぎてしまったり。

    これには

    1、境界線を上手に引けるように(自分と他者の感情を区別する、自分の感情をケアするのは自分・・・)

    2、心のしくみを理解する(どうして反応が起きるのか、起きた時どうすればいいのか)

    3、セルフセラピー(感情的反応があるときに使えるセルフケア)

    このあたりのことを上手に活用していただくと、ずいぶん人間関係も楽になると思いますよ。

    私もいつのまにか人の言動などにあまり左右されなくなりました^^

     

    漠然とした生きづらさ

    漠然とした生きづらさの多くは、今までの経験や体験に伴って蓄積されたネガティブな感情や思いが影響しています。

    特にトラウマなどの体験があればより強く関係します。これらはHSPに限ったことではありませんが、HSPは赤ちゃん・・・つまり生まれた時からHSPなわけなので、ずっと、より影響を受けやすい傾向でいるわけです。

    また自分の本当の声(ハートの声)を尊重せず、世の中でよく言われることや、親などに教えられた「べき、ねば」で生きていることが多いと、活力がなくなったり、いろんなことが面倒くさくなったり、なんとなくいつもパッとしない感じなどをおぼえるでしょう。

    →長年の感情や思いの蓄積にはまずそれに気づき、その声を自分が聞いてあげてください、そしてその気持ちに寄り添いましょう。

    →トラウマは心理セラピーが有効です。セラピストとともにおこなうのがおすすめです。

    →べきねばにもまずは気づくこと(ほとんど当たり前にやっていて無自覚なことが多いんです)

    →ハートの声を聴いて、それにいつも立ち戻る・・・。そしてできることをしてみましょう。ハートの声を聴くエクササイズなどを取り入れるといいですね

     

    疲れやすい、不眠など身体の症状

    HSPの方は、疲れやすい傾向があります。いつも五感の刺激感度が高いため、神経が過敏な状態です。また不眠や寝づらさ等に悩む方も多いです。

    神経系を鎮静させるようなアプローチを大切に日常に取り入れましょう。

    →静かな部屋で一人で過ごす時間を作る

    →アロマセラピー、軽いエクササイズ、瞑想などリラックス法を取り入れる

    →心地よい環境、食事、住まいなどを整える

    などしてみてくださいね♪

    HSPは色鮮やかに豊かに生きれるエッセンス

    HSPはネガティブなことだけじゃありません。こころ動かされるような芸術、美しい音楽、自然の織り成す景色、心地よさ、人のやさしさ・・・・など様々なポジティブな側面を繊細に感じ取ることができます。アーティストや芸術家にHSPが多いのも納得ですね。

    けれども、その感性を生かして、何か仕事する・・・ということをしなければいけないのではありません。

    繊細に感じ取るその感性そのものが、人生を色鮮やかに豊かに生きる素晴らしいエッセンスなのです。

    それに気づくことであなたの日々の中にもっと心地よい瞬間が増えていくでしょう。

    HSPの講座をしようと思ったわけ

    きっかけはある方に「美香子さんHSPなんだからそのことについて教えて」と言われたことです。

    あまりに自分がHSPであることが自然すぎて(笑)その需要に気づきませんでした。

    ですが、実際、HSPのような敏感さでけっこうお悩みだったり、生きづらさに影響している方も多いと感じます(T_T)

    自分がHSPなんだよねって言うようになってから、「私もです」って言ってくださって話が弾むことも多くなりました♡

    HSPや生きづらさで悩んでいる方は、HSPを理解をすることで、自分を理解することにもつながっていきます。またそれによりご自分の生活や生き方を振り返ることにもなるでしょう。そしてそれは、『自分を大切にする』ということでもあると思うのです。

    私は自分がHSPでよかったと思っています。時に面倒くさいことも事実ですが、自分の感性をなんだかいとおしい感じがするのです。

    昨年か私自身の体験なども踏まえつつ、心理セラピストとしての知識や経験からの実践的なことをいろいろ皆さんにお伝えしたいなと思っています。

    ※現在講座はお休み&リニューアル中 です。

    ご案内はメルマガでしています

     

     

     

    RFTお知らせあれこれ

    ◆RFT基礎コース お昼のオンラインZOOMクラス

    【日時】1月17日、24日、31日、2月7日 木曜日10時~12時15分

    ※時間は若干の延長の可能性あり

    【場所】ZOOMですの参加場所問わず^^

    【受講料】48000円 ※再受講30000円

    【お申込み】https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOhxJqOlIRnM

     

    ◆RFT質問・復習・勉強会(無料)

    【日時】 12月12日(水) 19時~1時間半くらいを予定

    【場所】ZOOMですの参加場所問わず^^

    【受講料】無料

    【参加資格】RFT基礎コースまたはプラィティショナーコースを受講済の方(オンラインで受講中の方もOK)

    【内容】

    ・日頃のご質問をなんでもお受けします。

    ・苦しみの理由、RFTの概念、構造を復習します。この理解があるとセラピーがぐ~~んとやりやすくなるはずです♪

    【講師】葵井美香子 お気軽にご参加くださいね^^

    【お申込み】https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOhxoto

     

    ◆RFTリバーシング講座 (実践編) ~胎児の癒し、そしてハートの声を聴こう~

    ※引き続き、クリスマスランチ会がございます。ぜひご参加ください^^

    【日時】 12月2日(日)10時~13時 ※時間の若干の前後はございます。

    【場所 東京都内

    【受講料】6500円

    【参加資格】RFT基礎コースまたはプラィティショナーコースを受講済の方

    【内容】

    ・バーストラウマとは

    ・バーストラウマと人生の関係

    ・RFTリバーシングの方法、実践(セルフワーク)

    トラウマの根源はバーストラウマうにありともいわれています。胎児~出生時を通じ様々な感情を潜在意識に記憶しているのです。そしてそれがその後の人生や自分の心に影響していることが多くあります。出生にまつわる様々な感情を癒すことでずいぶんと安心感や安定感を取り戻すでしょう。そして今回の講座では、その小さな胸に秘めた『ハートの声』を思い出し、本来の力を取り戻していくことにもアプローチするリバーシングを体験していただきます。(プラクティショナーコースの胎児の癒しとはまた違うアプローチです)

    【講師】葵井美香子

    【お申込み】https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOhxxeylT

    ◇◆◇ランチ会◇◆◇

    引き続きクリスマスランチ会を予定しています。2000~2500円予定です。ぜひご参加くださいませ^^

     

    生命の力。パワー。強さ。それは誰にでもある。

    私の中に時々メッセージが湧いてくることがあります。いきなり来るので、正直・・・忘れてしまうこともあります。

    手帳に書き留めることもあるし、パソコンに向かっているときに急に!!の時もあります。「考えなくても」言葉が出てくるのです。

    これは、拙著「あなたに奇跡と幸運があふれだすゆるふわの魔法」という本を書いていた時にも感じました。ストーリー(物語)なのに考えずにすらすら書ける時があり・・・。不思議でした。

    昨夜やってきた言葉たち、今日はこのメッセージを書き綴りたいと思います。これは私というか全体へのメッセージと感じました。

     

    誰の中にもある。力。生命の力。すべての人が持っている。あなたの中にも必ずある。

    それは本当に強くて、そしてしなやかだ。

    生きるということは経験。ネガティブなことがあったり、苦しみもあるだろう。

    でもどんなときにも本当はその力があなたを助けてくれるし、あなたはその力そのものなのだ。

     

    でも、多くの人は、それを忘れて生きている。力を閉じたままにしている。

    こうすべき、ああすべきという方法にとらわれていて、思考でいっぱいになり、その力があることに気づかない。

     

    力を開く・・・・・・

    それは自分に戻ることだ。

    答えを外に探しているとき、あなたはここにいない。身体はここにあるけれど、あなたはどこかへ行ってしまった。まるで空っぽの身体。

    もし、あなたがここにあれば、それは大地と繋がり、空と調和し、自然が自然にはじまり、生命の息吹があふれ、そこに自ずと動きが始まる。それはそれは大きな力よ。いとおしいほどの力よ。

    そこにいつでも戻ればいい。

    今、自分がどこにあるか、時々そこに意識を向けよ。苦しみにあるときはなかなかできないかもしれない。

    けれどその時こそ向けよ。

    もしここにないと気づいたなら、その時にただ、戻っておいで。何時からでも何時でもいい。その瞬間に戻ることができるから。

     

    そして自分の身体に触れ、呼吸をする。静かな呼吸。大きな呼吸。呼吸がしたいように。

    涙が流れるならそのままに。悲しみがあふれたらそのままに。

    大きな雨が過ぎた後には必ず青空が見えるように、あなたは必ず力を取り戻すことができる。

    それはそこにもともとあった。あなたの中にもともとあったもの。

     

    そしてその力にゆだねてください。そこから気づくはず。真実に。本当の声に。さぁ、大丈夫。あなたには力がある。

     

     

     

    ◆「敏感、繊細、生きづらさを感じるあなたへ」~もっと楽に生きるための6つの実践ワーク~◆  

    セミナーやセッションに行く勇気が出ない方も、遠方でなかなか学ぶ機会がない方にもお勧め^^

    第2期生の募集です。内容リニューアルしておとどけします!

    詳細はこちら⇒    ※11月30日まで申し込み

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    クローバー募集中クローバー
    ◆繊細・敏感・HSP 生きづらさを感じるあなたへもっと楽に生きる6つの実践ワーク 詳しくはこちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    クローバーよく読まれている記事クローバー

    ◆災害や事故のときの「心の応急処置」

    ◆親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請、メッセージつけてくださると嬉しいです こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

    不眠、寝つきが悪い、すぐ目が覚める・・・HSPや繊細さと睡眠

    繊細さやHSPと、不眠、寝つきが悪いなど睡眠状況の関係

    繊細だったり敏感だったり、またHSPの方は、睡眠が浅い、不眠、うまく寝付けないなどでお悩みの方も多いようです。

    私もそうです・・・( ゚Д゚)

    20代の時に看護師をしていましたが夜勤があって0時ころ出勤するため、それまでの「日中」に寝る必要があります。

    ですが・・・これが寝れない。眠剤を飲んでも効かない。この後に仕事があると思うと、どこか緊張していて頭が興奮している感じがするのです・・・( ゚Д゚)

    20代だったからまだよかったけれど、寝ないで朝まで勤務することは本当にキツかったです。

    でもね、夜勤前の日中でもよく寝れるっていう人も、たくさんいるんですよ。その人達がうらやましくてしょうがなかった(笑)

    この違いって何?と思っていました。

    今現在は、寝つきはわりといいのですが、眠りが浅いようで、夜中によく目が覚めます。

    そして長時間続けて寝ることができないので、例えば休日などに「もっと寝ていたい」と思っても一度目が覚めるともうなかなか寝続けることができません。考え事や悩み事があると朝早くから目が覚めてしまいます・・・夢もよく見るので、朝起きた時から疲れていたり・・・(笑)

    こんなふうに睡眠がいまいちスムーズじゃないんですよ・・・・と以前FBに載せたら、HSPの皆さんから賛同の嵐!!!(笑)

    おお~~やっぱりお困りの方(そしてあきらめてもいる)も多いかな~と。

    HSPは、周囲の音や光や環境などに敏感であり、自律神経系が緊張や興奮をしやすくアンバランスを起こしやすい傾向があります。

    それにより、睡眠への影響も多分にしてあるといえるでしょう。

    子どものHSP(HSC)にも睡眠に特徴があります

    HSPって性質なので、当然子どもにもあるわけです。子どもの場合、HSCといいます。( Highly Sensitive Child)

    娘はHSCだと思います。そういえば赤ちゃんの時から、物音に敏感で、少しでも音がすると目を覚ましていました。保育士さんにも「音に敏感ですぐ起きちゃいますね」と言われていました。

    そして、絶対に抱っこやおんぶなどをした状態じゃないと寝ない子でした。時々「うちの子、置いていたら寝るよ」などと聞くことがあったのですが、!!!まさか??そんなことってあるの?!!!と思うほど、娘は一度もそのようなことがありませんでした(笑)

    そして今でも、環境が変わったところで寝るのが嫌なようで、お友達のおうちでは時計の音や電気や人が気になって寝づらいといいます。

    自分なりの安心が必要なようです。

     

    快眠できる自分なりのツールを持とう

    さて、私も相変わらず眠りは浅い方ではあるのすが、それでも以前より睡眠状況はずいぶんよくなったように思います。

    だってね、対策してるんですよ(笑)やっぱり自分の性質を理解するって大事です。何かと工夫や対策できます。

    そうすると、むしろ健康的に過ごせたり心地よく暮らせたりできると思います。

    私の快眠対策をいくつかご紹介しますね。

    →寝る前にストレッチ(基本をおさえたら、自分の動きたい感覚を大切に)

    →必須アイテム、ストレッチポール。絶品です。あるとないでは全く違います。

    →寝る少し前からスマホや明るすぎの電気をOFF(頭の興奮度合いが違う)

    →入浴!シャワーじゃなくて入浴。これ必須。(疲労回復度やリラックス度が明らかに違う)

    →気持ちのいいパジャマ♡(ガーゼが好き)

    →フェイスタッチ、ハートブリージング等のリラックス方法

    →瞑想

    →リラックスタッピング

    →アロマセラピー

    青字は毎日のようにしていることです。赤字は時々していることです。

    他にもいろいろありますが、どれも簡単なことばかり^^

    わたしは、いくら効果があるよといわれても、面倒くさいと感じるような「手間暇かかること」はやる気さえも起きない怠け者です(笑)

    なので、簡単であることや心地よいことが自分にとってとても大事なことなのです。

     

    神経系を落ち着かせて寝つきや睡眠の質をよくすることを助けてくれるようなツールをいくつか持っているといいですね。

    HSPや繊細で生きづらさを感じている方向けのこの講座の中では、内容リニューアルして、睡眠に関しても具体的な方法などいろいろお伝えしています。

    ↓↓

    ◆「敏感、繊細、生きづらさを感じるあなたへ」~もっと楽に生きるための6つの実践ワーク~◆  

    セミナーやセッションに行く勇気が出ない方も、遠方でなかなか学ぶ機会がない方にもお勧め^^

    第2期生の募集です。内容リニューアルしておとどけします!

    詳細はこちら⇒    ※11月30日まで申し込み

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    クローバー募集中クローバー
    ◆繊細・敏感・HSP 生きづらさを感じるあなたへもっと楽に生きる6つの実践ワーク 詳しくはこちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    クローバーよく読まれている記事クローバー

    ◆災害や事故のときの「心の応急処置」

    ◆親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請、メッセージつけてくださると嬉しいです こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    生きづらさの理由は、HSP、繊細だから?心の中を見つめてみよう

    生きづらいのはHSPだからなのでしょうか?

    ブログではHSPのことも度々発信していますが、「生きづらさ」を感じているその理由が、

    HSPだからとは、かならずしも限りません。

    もちろんHSPですと、いろいろなことをキャッチしやすいし、人の気持ちにも敏感だし、空気もよく読むし・・・・

    だから、必要以上に自分の気持ちを我慢しすぎたり、誰かに合わせすぎたりする傾向があります。

    また、五感を通じて得る刺激もより大きいので何かと疲れやすいです。

    ですから、たしかに生きづらさを感じる傾向、ありますよね。

    でも、HSPという性質でも自分らしく生きている人はたくさんいます。

    生きづらさの要因は、

    HSPのような性質も関係しますが、それだけでなく育った環境などの影響も当然たくさんあります。

    それに、人って本当に複雑だと思うのです。色~~~~々なことが絡み合い、今の自分に着地していると思うのです。

    HSPを知ること、HSPの理解

    わたしはHSPという概念を知って良かったと思っています。

    ああ、だからだったんだと、自分について府に落ちるところがたくさんあり、気持ちが楽になり心強かったです。

    知ったからこそ、意識をむけたり気を付けるとよいところがわかり、以前よりずっと生きやすくなったことがたくさんあります。

    また自己理解とともに他者理解も深まりました。

    5人に2人いるといわれるHSPですから、多く人にぜひ知ってほしいことと思っています。

     

    レッテルをはがして自分の心を見つめる

    ですが、忘れてはいけないとても大切なことがあるのです。

    それは、HSPでも、不安障害でも、愛着障害でも、パニックでも、なんでも言えることですが、

    それにカテゴライズしすぎずに、名前にとらわれすぎずに、

    自分の心はどんな状態か?

    心はどうなっていて、どんな思いや感情がそこにはあるのか?

    それをちゃんと丁寧に見ていくことです。いくら知識として理解しても、自分の心の状態わからずして、なにができるでしょう?

    深い変容には「自分の心を見つめる」これは欠かせない大切なことです。

    私はHSPだから・・・・といって、それを理由とすることで、本当の気持ちを見落としてほしくないのです。

    あなたについている全てのレッテル(例えば私はHSP、私は女、私はお母さん・・・・)

    そういったものを全部はがし、あなたそのものをまっすぐに見つめていくこのプロセス、これそのものが大きな癒しなのです。

    この講座ではそんなことも大切にお届けしていきます。

    ↓↓

    ◆「敏感、繊細、生きづらさを感じるあなたへ」~もっと楽に生きるための6つの実践ワーク~◆

    セミナーやセッションに行く勇気が出ない方も、遠方でなかなか学ぶ機会がない方にもお勧め^^

    第2期生の募集です。内容リニューアルしておとどけします!

    詳細はこちら⇒    ※11月30日まで申し込み

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    クローバー募集中クローバー
    ◆繊細・敏感・HSP 生きづらさを感じるあなたへもっと楽に生きる6つの実践ワーク 詳しくはこちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    クローバーよく読まれている記事クローバー

    ◆災害や事故のときの「心の応急処置」

    ◆親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請、メッセージつけてくださると嬉しいです こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

    HSP、繊細、敏感さで生きづらい・・・もっと楽に生きるには?

    HSP、繊細、敏感さについて

    HSPという言葉を知っていますか??

    これは、アメリカの心理学者エレイン・N.アーロン博士が提唱したもので、うまれ持った特質として、5人に一人の割合で、感受性がつよく繊細な神経な人がおり、そのことをHSP(Highly Sensitive Person)と呼んでいます。

    つまり「過度に敏感過ぎる人」ということです。

    例えば・・・

    ●自分をとりまく環境の微妙な空気の変化によく気づくほうだ

    ●他人の気分に左右されやすい

    ●まぶしい光や、強い臭い、肌触りの悪い布、近くを通るサイレンの音といったものが苦手だ。

    ●暴力的な映画・テレビ番組を見ないようにしている、または影響されやすい。

    ●忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋、もしくは一人になって刺激をやわらげることができる場所に閉じこもりたくなる。

    ●生活する上で、動揺したり圧倒されるような状況が苦手。

    ●自分をとりまく環境の微妙な空気の変化によく気づくほうだ

    ●デリケートで繊細な、香りや味・音・芸術作品がわかり、それを楽しんでいる。

    ●豊かで複雑な内面世界をもっている。

    etc(他にも項目あります)

    この概念を知ったとき、これ私のこと!そう思って、腑に落ちました。

    色々なHSPのパターンがあり、多くの項目に該当し様々なことに敏感な人もいれば、何か一つや二つ特化して敏感である人もいます。(例:匂いにだけものすごく反応する等)

    またHPSや敏感なタイプの人は、他者の感情にも敏感です。だからこそ、必要以上に気を使ったり、NOと言えなかったり、人間関係のストレスも感じやすい傾向があります。

    他者との境界線を上手に引けないのです。

    それゆえに『生きづらさ』を感じる人も多くいます。

    生きづらさの理由はHSPだから?

    ですが繊細で敏感な人HSPの人がみんな生きづらいというわけではありません。

    先日、オンライン講座の撮影をし、その中でもお話ししましたが、

    気質としてはあまり敏感ではない人も、生きづらさを抱えていることはもちろんあります。

    敏感だったり、HSPだったりという気質は、生きづらさの要因のひとつにはなるけれど、すべてではないのです。

    では他に何が大きく影響しているか?というと、それは育った環境や体験、周囲の人の言葉・・・・そういうもの中で感じた「思い」や「感情」・・・これらが未消化になって蓄積され、心の奥深く潜在意識にいまもまだ残っていること。

    そしてそれが、今もなお、自分の物事の見方、とらえ方、感情、またそこからの行動などにもつながっているのです。

     

    生きづらさから楽になるには・・・

    まずは自分を知り理解すること、心の仕組みを知ることが大切です。

    そして、その自分に寄り添い、受け入れていくことで、少しずつ心を緩んでいきます。今よりも楽に生きやすくなっていきます。

    これは「頭で理解してやる」というより、セラピーなどをうまく活用していくとよりスムーズです。

    また自分の感情や思いと、他者の感情や思いを区別し、よい境界線をひけるようになると、人間関係はずっと楽で心地よいものになります。

    気質は変わらないものですが、それによって受けやすいネガティブな影響・・・生きづらさ・・それらは減らすことは可能なのです。

    私がまさにそうでした~~^^

    私もHSPなのですが・・・、ずいぶん生きやすい感じになりましたよ^^

    敏感さにはあまり変化がないけれど(むしろより敏感になっているけれど・・・笑、これは本質的なものだと思います)

    そこから受ける影響はずいぶん減ったように感じます。そして、HSPだから良いこと(メリット)も実は色々あるんだなと気づきました。

    心のしくみを知って、楽になる道がある

    心のことについて、私たちはほとんど学ぶ機会がありません。

    ですから、日々のストレス、なんだかパッとしない感じ、どこか生きづらい感じ・・・・・・

    そういうのをどうケアしていいか当然知りませんよね。

    「頑張って」「努力して」「ポジティブに」に・・・なんとか生きようとします。でも、そんな風にしていても、やっぱりどこか、苦しかったり生きづらさを感じたり。

    けれども、「心のしくみ」や「境界線」や「簡単なストレスケア」などを知ることで、今よりもっと生きやすくなる人はたくさんいらっしゃると思うのです。

    そのような方にお届けしたいとの思いで、出版社さんと一緒に、この講座を昨年からはじめました。昨年は全国海外とたくさんの方にご受講いただきました~~^^そして、

    「気持ちが楽にりました」「ストレスが減って生きやすくなりました」「自分を大切にできるようになりました」等、嬉しい感想もたくさんいただきました。

    今年もまた2期生を募集させていただいているのですが、内容をバージョンUPしています♡(再受講もできるようにと、再受講の方はお得な価格になっています)

    こちらはオンライン(動画受講)ですので、セッションを受けたリ、講座やセミナーに行く勇気がない方、遠方でなかなかそういう機会がない方にもお勧めしたいです。

    場所と時間を問わず、ご自身のペースで学んでいただくことができます。また毎月、本1冊くらいの価格でどなたでも学びやすい環境になっています。

    こちらから詳しいこと、私の思いなどもありますので良かったら見てみてくださいね^^
    11月末までで~す。

    http://www.cloverpub.jp/aoimikako/