丁寧な暮らしがしたいけど、できないと思っている人へ

丁寧な暮らしってどんなイメージ

近年、丁寧な暮らしをしましょう等とTVや雑誌などで見聞きすることがあります。さて、丁寧な暮らしって何でしょうか?どんなイメージあります?

わたしはですね・・・・

「丁寧な暮らし」って、季節を取り入れた行事を欠かさず、手作りの食卓、手の込んだ食べ物(梅干し、お味噌、パンとか)、家庭菜園もしていて庭でとったハーブでお茶タイム。子どものおやつもいつも手作り。

すみずみまでお掃除が行き届いていて、しっちゅう床もふいて、お風呂もピカピカで、お花も飾られて、身近なものは手作りで。

時間を大切に、一日一日を大切に過ごす。

当然お布団を敷きっぱなしなど決してすることないし、キッチンに洗わなきゃいけない食器をおいておいたり、うっかり洗濯を忘れたりも絶対しない。

そんな妄想が走ります・・・・♡

もちろん、きちんとした定義があるわけでないので、人それぞれイメージは違いますよね。

SNSで見える丁寧な暮らしぶりは・・・

近年はSNSなどの普及も影響もたぶんにあり、写真を通して人様の暮らしが見えるようになりました。見いてるだけでうっとり素敵、そういうのがたくさんありますね。参考にさせてもらうこともあります。

私もたまにお料理したものなどの写真をUPすることもあります。お味噌を作ったときにも載せました。

でもね、先日、疲れてやる気のない日の夕食は、ごはん、お味噌汁、さんまを焼いたもの、だけでしたが(笑)

こういうのってね・・・・SNSには載せません。

今日のおかずはサンマだけですぅ~~とかって(笑)

お布団敷きっぱなしの部屋とか、洗い物がたまったキッチンとか、UPしないですよね~~(笑)

SNSは、わりといいところ、素敵なところをアップする傾向がありますよね。何気に見ていても知らず知らず影響を受けている部分もあるでしょう。

「こうするといい」という情報もたくさん、飛び交っていす。そして、それが一般的にそうしたほうがよさげのことであると、より、そういった影響を受けやすいかもしれません。

自分にとってのいい感じはみんな違う

そりゃあね、きれいだったり丁寧な方がいいです。気持ちいいですよね。

でも、その感じ方は全員が違と思いませんか?

例えば、玄関の靴やスリッパが並んでいないと気になる人いますよね?

でも、あんまり気にならない人もいます。

食事の時、食器の位置とか、盛り付けとか気になる人いますよね?

でも、おいしければそれほど気にしていませんっていう人もいます。

この感じ方に、どっちが正解って、ないでしょう。

大切なのは、自分にとっての「いい感じ」です。他人基準ではなく、自分基準で。もし、自分基準でいい感じなら、一般的に丁寧じゃない暮らしだとしても、そのままでいいと私は思います。

「いい感じ」だけでは暮らせない

そして、自分にとっての「いい感じ」を尊重したくても、家族構成や、仕事や、生活環境、体力や体調等の関係で、思うようにはいかないこともあります。

せっかく自分のいい感じにお部屋を整えたとしても、家族が一瞬で悪気なく破壊することもあります(笑)

あるいは、体力がついていかなくて自分のいい感じにはできないこともあります。私も赤子を育児していたときはは、日々精いっぱいで、寝不足で疲労困憊していたので、いまよりお家は散らかっていました(笑)

最近ですと、梅干しを作ってみたくて漬けたところまでよかったんですが、干す頃に忙しくなっちゃって、未だ、ただ浸かったまま梅になっています(笑)ひぃ~

というわけで

・自分にとってのいい感じ

・仕事や生活のスタイル

・体力や体調

この辺を、うまくほどほど調和させて、無理なく、自分大の暮らしがいいんじゃないでしょうか?

俗にいう丁寧な暮らしのために身をすり減らすなんて本末転倒だし、誰かと比べてできない自分をだめだな~って思う必要もまったくありません。

てきなお手本どおり、世の中のあこがれ通り、一般常識どおりにはいかないのが、生活ですよ(笑)

みんな同じようにできるわけではないしそうする必要もないと思うのです。

生活はずっと続く毎日のことなんだから、~~すべき、~~せねばといったルールは少なく、気楽にいきませんか^^

丁寧な暮らしより、自分大の心地いい暮らしを♡

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クローバー募集中クローバー
◆自分でできる心のケアRFT(レジスタントフリーダムセラピー)を学ぶ~オンラインで場所問わず~ 詳しくはこちら
◆繊細・敏感・HSP 生きづらさを感じるあなたへもっと楽に生きる6つの実践ワーク 詳しくはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クローバーよく読まれている記事クローバー

◆災害や事故のときの「心の応急処置」

親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★葵井美香子メルマガの登録はこちら

★葵井美香子FB お友達申請、メッセージつけてくださると嬉しいです こちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 山崎紗希 より:

    記事にとても共感しました。
    私は今、育児のまっただ中(もうすぐ8ヶ月)で、丁寧な生活どころか、普通に生活を回していくだけでやっとです。

    部屋中をずりばいする娘はまるでルンバのように床のほこりや髪の毛を全身でかき集め(涙)、掃除の至らなさをまざまざと見せつけてくれます。

    ご飯を炊いて味噌汁を作ったら取りあえず食事は合格ラインということにしています。笑
    いまは離乳食が優先です。

    自分のことは後回しで思うようにできないことばかりで、イライラして夫婦喧嘩も増えたり…ひとりで(もしくは娘だけ連れて)どこか遠くへ行ってしまいたい…と思うこともあります。

    どこかへお出掛けしても、赤ちゃんのお世話はもれなく付いてくるので、前のように自分たちが純粋に楽しむ感じではなくなり、逆に疲れてしまうこともあります。

    かといって、ずっと家に引きこもっているのも精神的に参ってしまう…結局どっちにしてもしんどいです。

    笑顔と寝顔に癒されて、娘の成長の喜びがあるから頑張れていますが、自分は体調も精神的にもなんだかボロボロです。

    途中から愚痴になっちゃいましたが、生活なんてそんなものですよね!

    • mikako より:

      紗希さん こんにちは^^
      コメントありがとうございます。8か月の赤ちゃんとの生活は、おしゃる通り、それだけで精一杯ですよね!
      育児中は思うようにいかないことばかりです。本当にそう。自分のペースなんてない(笑)わかるわかるわかる。
      どんなにかわいくたって疲れるし、ストレス感じます、これ当然です。
      もう紗希さんは充分よくやっていますから、これからはぜひ楽する方法考えてみてください^^
      誰かの手をかりること躊躇せず。例えばファミリーサポートなども地域によるけどそんなに高くないですし、上手に活用してみるのもいいですよ。
      離乳食もお味噌汁の具を拾ってつぶせば、できます(笑)(わたしはこれ採用してました^^)
      私が育児中にいつも思っていたのは「家が散らかっていても死なない」という言葉です(笑)
      充分よくやってる自分を誰より自分がいたわってあげてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です