自分を楽にする、心と身体のセルフケア。

    人の癒しを観察して、気づいたこと

    気づけば・・・・

    セラピストとして17年ほど経ちました。時が経つのは本当に早いですね。

    さて、その間、1万人以上の方の心や身体の悩みをお聞きし、そのケアに携わってきました。

    もともとは病院で看護師をしていましたし、人の心身の健康に興味があるのはわたしの本質的なものなのだなぁ・・・と思います。

     

    さて、今は主に、人間関係や仕事などの悩みや、

    自分自身を責めてしまうような気持ち、

    あるいは頭ではわかっているけど心や行動がついていかない、

    そういった様々な気持ちを抱えている方や、

    原因のよくわからない痛みや慢性的な身体の不調、色々な症状にお悩みの方などに、

    日々、心理カウンセリング・身体心理セラピーをしています。

     

    私はある時から、

    『人はどんな時にそのつらい気持ちや、身体が楽になっていくのか?』ということを観察し、まとめ始めました。

    3000症例以上を経て、ほとんどの人に共通するいくつかの条件があることに気づきました。

    そして、それを再現する形でセラピーを構成し(OSTというセラピーです)、提供するようになりました。

     

    すると、

    セッションを受けてくださったクライエントさんから、

    以前にも増して、

    「自分の本当の気持ちがわかるようになった」

    「自分を責めることが減った」

    「前よりずっと自然に生きられるようになった」

    「優しいセラピーで気持ちがいい」

    「身体が楽になった」

    「気になっていた不調が改善された」

    等といった嬉しい声をたくさんいただくようになりました。

    そんな嬉しい声が広まって、全国や海外からもセッションや講座のお申込みが広がっています。

     

    ついしてしまう、考え方や捉え方のパターン

    人の心の中・・・外からはわかりませんよね。

     

    人前では普通にふるまえるけど、家に帰るとどっと疲れてしまう・・・

    前向きに見られるけど、実はよく自分を責めていたり・・・・

    自分のしている言動と、本当の気持ちが一致しているか微妙によくわからない・・・

    こんな風に、

    一見うまくいっているように見えたり、明るかったり、前向きなように感じたりする方も、内にたくさんの繊細さや傷を秘めていることがあります。

     

    そして

    いろいろな細かいことが気になって思い悩んだり、考えすぎて気にやんだり、

    さらには自分の気持ちもよくわからなくて、なんだかいつも気持ちがパッとしない・・・

    どことなく生きづらさを感じながら生きている人は決して少なくありません。

     

    例えば・・・・

     

    ☝会社やサークル、コミュニティの集まり。

    仲良くなりたいのに、でも、どこか人とのコミュニケーションを避けるような気持ちがあったり、行くのが億劫に感じたりしてしまうところもある。

    相手の様子を気にしすぎたり、どこか自然じゃない感じ・・・。

    もっと自然体でいたいのに。

     

    ☝頼まれごとに、本当は嫌って言いたいけど、うまく言えない。

    断ったら怒られたり嫌われたりしそうな気がして、つい引き受けてしまう。そして他の人のことをどんどん抱えて、自分のことがおろそかになったり、帰りが遅くなったり。

    そうするとだんだんイライラ。いつもわたしばっかり・・・。

    自分のことなのに、どうして自分でしないの?相手へのそんな批判を心の中で繰り返す。

     

    ☝誰かと話した後に、自分の言った言葉や態度が気になってしまう。メールやラインの返信が遅くても気になる。

    「あれでよかったかな?変なこと、言ってないかな?」と、しばらく考えたり、思いだしたりしてしまう。

     

    ☝ミスをしたら、自分を責める。

    もう気にしないようにしよう!次から気を付ければいいと、自分を励ますけれど、

    やっぱりいつまでも考え続けてしまう。周りの人も自分のことを馬鹿にしていたり、能力がない奴って思っているような気がする。

    そして、私って何をやってもうまくいかないよね・・・とだんだん悲観的な気持ちになる。

     

    ☝何かをしたいけど、なんだか身体が重いようななかなか動きだせない感じ。

    あるいは、やりたいことがよくわからない。

    どうにも行動ができない。やろうと思いつつ先延ばしでなかなか進まない。

     

    ☝つい誰かと比較してしまう。仕事や、容姿や、家族環境や・・・・比較して勝手に落ち込んだり、羨んだり、一喜一憂してしまう・・・。

     

    ☝人の目が気になる。

    こんなこと言ったら、書いたら、行動したら・・・・どう思われるだろう?と、気になることが多い。

     

    こうったこと、あなたも感じたことはありませんか?

     

    そして、そうやって考えたり、気にしたりしているうちに、

    さらに違うネガティブな考えがでてきて、更に疲れたり、落ち込んだり・・・

     

    例えば、何かミスをした時に

    「自分はだめなやつだ」

    「周りの人が自分を馬鹿にしている気がする」

    「みんなに嫌われてしまうかも・・・」

    「もうそこにはいられないかも・・・」

    といったように、まだ起こってもいないことを考え、不安や恐れがどんどん大きくなっていってしまいます。

    さらに自分が本当はどう思っているのか?どうしたいのか?といった自分の気持ちもわからなくなってしまうのです。

    これは、実は、今始まったことではなく、

    たいていは、小さな時からの出来事や体験を積み重ねる中で出来た、考え方や捉え方のパターンです。

    例えば、

    いつもお母さんに自分の意見を否定されていたり、

    自分の気持ちに寄り添ってもらえなかったり、

    仲間外れにされた体験があったり、

    ・・・・

    そういった自分にとっては傷ついたり安心と感じることができなかったような体験を通して、自分の考え方や捉え方のパターンを作っていくのです。

     

    もっと軽やかな自分になるには?

    では、こんな風に苦しいループにはまらずに、もっと軽やかな自分でいられるようになるには、どうするといいのでしょうか?

     

    考えるのをやめよう、気にしないようにしましょう、と言っても無理ですよね。

    考えちゃうし、気にしちゃう・・・・だから、困っているわけです。

     

    まず大切なのは、「自分の本当の気持ちにちゃんと気づく」ということです。

     

    ところが・・・・・、

    私たちは、わかっているつもりもで実は本当の気持ちにはほとんど気づいていません。

    その理由はいろいろあるのですが、一つは、傷ついたような辛い気持ちなどは「感じたくない」ので、そういうのは、

    あっという間に潜在意識と言われる心の奥底へ押しこめているんです。

     

    押し込めたままでもいいじゃないの?・・・って思いますか?

    そう、本当に押し込めたままでいれるならいいのですが・・・押し込めてもどこかから漏れ出てくるのが潜在意識・・・・・笑

    やっぱりすっきりしないのです。

     

    じゃあ、無意識の気持ちに、いったいどうやって気づいていくのか・・・・

     

    これはたんに頭でどんな気持ちだろう??と考えるのではなく、身体を感じ、身体を通じて、

    すこしずつ自分の気持ちとむきあっていくことなんです。

     

    そして、

    平気な振りをしていたけど、本当は傷ついていたんだね、助けてほしかったんだ。

    わがままにしたわけじゃなくて、本当はただわかってほしかったし、悲しかったし、寂しかったんだね。

    相手を悪く思っちゃいけないと思っておさえていたけど・・・本当はすごく怒っていたのか。

    その気持ち・・・本当はずっとずっと、抱えてきていたんだなぁ。

     

    そんな風に、いろんな気持ちを自分自身がちゃ~んと、気づいて、聞いてあげること。

    「あぁ、そうだったんだ」という気づきから・・・・・・・・・、すこしずつ変化が起き始めます。

     

    この「気持ちに気づく」という積み重ねは、自分への理解を深めていくことでであり、自分への優しさでもありますよね。

    「自分は大丈夫」というような自己肯定感や安心感といったものを、自分の中にはぐくんでいくことでもあります。

     

     

    そうすると、

    いろいろな細かいことが気になって思い悩んだり、

    考えすぎてなんだかもやもやすることが多かったり、

    自分の気持ちもよくわからなかったり、

    そんなことが減ってきます。

    なんだか、気にならなくなってくるのです。

    実際に、自分の好きなことや、やりたいことも、もっと自由に自分らしく取り組んでみること(行動)ができるようになるなど、少しずつ変化をしていきます。

    先に書いた3000症例以上の癒しを観察してできたセラピー「OST」は、これを体系的にやりやすくしたセラピーでもあります。

     

    気持ちと身体は連動している

    そして気持ちだけではありません。

    心と身体は繋がっている・・・とはよく言いますが、

    気持ちが楽になってくるとそれと連動し、身体の不調が改善されたり

    痛みが減ったりなくなったりすることもとても多いです。

    また一方で、身体(自律神経系)を整えていきますと、それと連動するように、気持ちが楽になっていくことも多くあります。

    そうです、心と身体は相互的に関係しながら成り立っているんですよね。

    だから、心(気持ち)と身体(自律神経系)、両方に働きかけていくアプローチが有効なのです。

     

    生きづらさから楽になるその変化

    私も以前は、何か気になることがあると胸が重くなったりざわざわしたりしながら、あれこれ考えたり、迷走していました。

    いつまでもひきづっていました。

    身体が重くて(本当に重いのもあるけど笑) なかなか一歩が踏み出せなかったり、慢性的な肩こり、夜中に目が覚めるなど睡眠障害、

    激しい心配性、不安症(鍵を閉めたり、トイレに何度も行くなど)・・・

    あげるときりがないですが 笑 色々あったんですよ。

     

    でも、セラピーを受けたり自分でもしたりで、そういったものがずいぶん解消され、

    本当に生きやすくなったんですよね。

     

    そしてOSTが構築されてからは、

    この手法はシンプルなので自分でやるのもとてもやりやすくなって、自分でも日常的に取り入れられるようになり、より

    自分の癒しにも役立っているなと感じています。

     

    もちろん、生きているとどうすることもできないような色々なことがあって心が辛いときもありますが、

    そんな時にも、気負わず自分で自分の心をちょっとケアしてあげられるようになって、

    ふっと気持ちが軽くなる・・・

    自律神経系が整い身体が落ち着く感じ・・・

    そんなことを実感しています。

     

    あぁ、知っていてよかったなぁ・・・・と、心から、としみじみ思います。

    そしてこれは、私だけの体験ではありません。

    ご自分の心や身体が変化し、楽になっていく、生きやすくなっていく・・・

    クライアントさんや受講生さんの変化を目の当たりにしています。

     

    セラピーはあなたのサポーター

    まだまだセラピーってあまり知られていないし、

    難しそうだし、それに「自分には関係ない」って思っている方が多いと思うのです。

    でも、はっきり言うと、たいていの方には関係しています。笑

     

    もちろん、魔法みたいに、気になっていることが一回ですべてが解決することはありません。

    とても現実的で実用的なものです。

     

    けれど確実に言えるのは、良質なセラピーは、あなたの人生のサポーターになってくれるもの。どんな時も

    あなたのきもちや身体が楽になる手助けをしてくれるものです。

    私は、

    クライアントさんや受講生さんが、

    楽になっていったり、

    元気や力を取り戻していったり、

    その人がその人らしく生きていく姿を見るとき、

    あぁ本当に良かったね~~~っていうそんな気持ちが自然に沸き上がってきます。

     

    だから、やっぱり私は、伝えたいし、知ってほしいなって思うんです。

    知っているか、知らないか、は大きく違うこと、ですよね。

     

    セラピーと言えど色々あります。それぞれユニークな特徴があったりもします。

    いずれにしても、安全で、そして簡単、やりやすいものがいいでしょう。

    OSTは、誰もできるよう、気軽に使えるよう、わかりやすい形でお伝えしています。

    (実際、OSTを学んでから自分でセラピーできるようになったという声をたくさん頂いています)

     

    もし、

    セラピーを自分でもできるようになりたい・・・

    日々の気持ちのケアができるようになりたい・・

    自分の気持ちや身体のケアに興味がある・・・

     

    そんな風に思う方は、ぜひ、OSTを学びにいらしてください♪

    (いらしてと言っているけどオンラインなので地域場所は問いません^^)

    あなたが楽になるその一歩を踏み出してみませんか?

     

    ご興味のある方は・・・コチラをご覧ください(^^)/

     

    思い込みからの卒業

    今日は思い込みについて書いていきますね^^

    実は、12月末に書いたので、1月に入っているのにも関わらず年末ネタですが・・・笑

     

    それは思い込みだった大掃除の呪縛

    私は小さなことろから大掃除は当然するべきものとして育ってきました。

    年末になると、1~2日かけて、母と兄と家の中を、すみずみまでお掃除したものです。

    だから自分が一人暮らしをするようになっても結婚しても、
    その習慣は当たり前のように続きました。

    12月って何かと忙しいですよね。
    アロマセラピーの仕事をしていたときはホントっ、12月が一番忙しい月でした。
    (みなさん1年のお疲れを癒しにいらっしゃる)

    そんな忙しい時でも「大掃除しなければ」という思いがどこかにあります。
    やるべきことを終えていないような焦る気持ちや罪悪感も出てきます。

    だからどんな忙しくても疲れていても、なんとか頑張って自分に鞭うって、大掃除に取り組んでいました。

    けれど、ある年、大掃除を辞めたんです。

    理由はその時、あまりの忙しさと疲れで大掃除をすることができなかったから。

    するとどうでしょう!!

    すっごい楽です 笑

    身体も、気持ちも、楽でゆとりがあります。

    その時に、私はどれだけ「大掃除をしなければ」という思いに縛られて生きてきたかを実感しました。

    私にとっては、あまりにも当たり前になっていたこと・・・
    でも、気づかないうちに、この思い、つまり「大掃除は必ずすべし」という「思い込み」に振り回されていたわけです。

    もちろん、大掃除は意味のあるもですよね。
    1年の感謝を込めて綺麗にして、清々しい気持ちで新しい年を迎える。
    本当に素晴らしい伝統だと思います。

    でも!!

    無理をしてまで、することではないでしょう。

    自分の体調や状況、そういったものを踏まえて、出来ることをすればいい。
    何も忙しい時に頑張って無理してやらなくてもいい。

    そんなふうにやっと気づいたわけです。

    私たちは思い込みをたくさん持っている

    これは私の一例なんですが、
    わたしたちはたくさんの思い込みを持っています。

    そしてそれは、あまりに自然にそう思っているので、
    思い込みだとさえ気づかないことも多いでしょう。(私の大掃除にように)

    お正月、クリスマス、誕生日・・・・など季節の行事の過ごし方。

    パートナー、友達、職場の上司部下同僚・・・・・など人間関係において。

    男なら、女なら・・・性別。

    妻として、夫として、母として、上司として・・・・など立場。

    食事、生活、運動・・・etc
    etc

    あげればキリがないほどに、誰もが
    自分なりの思い込みを持っています。

    クリスマスは~~~に過ごす(べき)

    お正月は~~~へ行く(べき)

    家族なら~~~する(べき)

    母親なら~~~~する(べき)

    食事は~~~する(べき)

    仕事は~~~する(べき)

    そういったあれこれは全部、自分の「思い」にすぎない。つまり真実ではないんです。

    真実ではないのにまるでそれが正解かのように、あるいはそうであるべきこととかのように思い込んでいること、

    これを思い込みと言います。(ビリーフと言ったりもしますね)

     

    人生の主役が思い込み!?

    自分を開くようなポジティブな思い込みだったらいいけれど、

    「~~~すべき、~~~ねば」というような、「べきねば」という思い込みは自分を苦しめます。

    そんな「思い込み」が多ければ多いほど、行動や考え方に制限があり、自由が減ってしまいます。

    何より、人生の主役が「自分」ではなくなってしまいます。

    誰がその主役?

    そう、思い込みが主役の人生を送ることになってしまいます。

    つまり、思い込みに振り回されてしまうということ。

     

    嫌ですよね 笑

    でも、そんな風に過ごしている人は決して少ないないでしょう。

     

    思い込みには気が付きにくい

    私はここ数年でいろいろな思い込み、大きな大きな思い込みにも気づきました。

    思い込んでいる時は、ほんと気づかないものですが・・・

    いったん、気づいてみるとその思い込みが、

    どれだけ自分の力を奪い、自分らしさを封じ込めていたのかしら・・・・そんな風に思います。

     

    思い込みはちょっとハードな言い方をすれば洗脳です。よく、洗脳されている人は、「洗脳されていない」というじゃないですか。

    思い込みもおんなじ・・・笑

    つまり自分では気づかないでいることが多いんですね。

     

    けれど、感覚に意識をむけたり、自分を見つめていくことで、

    洗脳の時代は終わりにしていくことができます。

    あなたらしいもっと自由な発想、軽やかな表現、行動・・・そして本来もっているパワー、そういったものを取り戻していくことが

    出来るのです。

     

    思い込みに気づくきっかけ

    思い込みにきづくきっかけは様々です。

    誰かの言葉であったり、体験だったり、出来事だったりしますが、

    いずれにしても、それらを通じて感じている自分の感覚をスルーしないことが大切です。

     

    なんだかなんとなく無理していると感じること

    どこかにうっすらでも違和感を感じていること

    本当は億劫になっていること

    やらなきゃやらなきゃと思っていること

    そう思ってもなかなか身体が動かないこと

    考えると身体が重くなったり緊張すること

    ・・・・

    そういったことは、
    もしかするとあなたの「思い込み」が関係しているかもしれません。

     

    そこに「~~すべき、~~ねば」という気持ちはないでしょうか?

    ご自分の感覚をよくキャッチしてみてください。

    すぐに何かが見つかるとは限りません(むしろ見つからないことの方が多いかもしれません)

    でも、そうして繰り返し自分の感覚にきづいていくこと、繰り返し自分と向き合っていくこと。

    これらはなんらかの真実と出会うきっかけになるはずです。

     

    思い込みからの卒業、自由で軽やかな自分を取り戻そう

    今年は、この自分の思い込み、つまり「べきねば」から、

    足を洗って・・・笑

    もっと、もっと、自由で軽やかになっていきましょう^^

    そう、合言葉は、「この思い込みからの卒業♪」 尾崎豊を思い出してください(字余り・・) 笑笑

     

    ★お知らせ★

    OST基礎コース募集開始しました^^

     

    OST基礎コース 2月スタート 夜のオンラインクラス 募集

     

    葵井の個人セッションについては こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

    OST基礎コース 2月スタート オンラインクラス 募集

    optimal sense therapy~基礎コース、受講のご案内~

    optimal sense therapy は、心と身体両面への働きかける、身体心理セラピーです。

    なんとなく感じている日々の生きづらさ、様々な心身の不調、繰り返しおきる悩み、ストレスなど・・・・

    ご自分でできるセルフケアをしっかりと学んでいただく講座です。

    非常にシンプルで優しいセラピーですが、多くの方が気持ちや身体の変化を実感されています。→ 受講生さんの声

    OSTについての詳細は、こちらもご覧ください。

     

    OST基礎コース ~自分の心身のケア~

    ・OSTの基礎を学び、ご自分へのセラピー、セルフストレスケアなどができることを目的としています。

    ・他者へOSTをすることはできませんので、セッションでお使いになりたい場合は、このコースを受講後、プラクティショナーをご受講ください。

    こんな方にぜひ

    • 日々のストレスに疲れ、悩んでいる
    • なんとなく不快な身体の感覚や症状がある
    • 原因のない痛みがある
    • 自分を責める思いがよく出て来る
    • イライラしたり落ち込んだり感情が変わりやすい
    • 自分の思いや感情を持て余している
    • 他者に対する批判、非難、怒りがよく出てくる
    • 自分を好きになれない
    • 始めたいことがあるのになぜか踏み出せない
    • 心のことや、癒し(セラピー)に興味や好奇心がある方
    • 自分を癒していきたい
    • 自分を理解していきたい
    • 自分の心の声がわかるようになりたい
    • 今まで学んだセラピーがうまくできなかった方
    • よりご自身のセラピーを高めたい(セラピストさん)

    【基礎コースの内容】

    ■心と身体が受けている影響

    ・自律神経系との関係

    ■癒しが起きるとき

    ■optimal sense とは

    ■OSTの実践 のために

    ◎優しさをむける
    ・優しさを向けるとは何か、どんな働きがあるのか

    ・どんなふうに優しさを向ける
    ・優しさをむけることができないとき

    ◎気づき

    ・どんなときに気づくのか ・気づきのためのパワフルクエスチョン

    ◎セラピーへの導入
    ・インテンションワーク
    ・感覚を使う方法・シンプルボディスキャン

    ・グラウンディング 等

    ◎セラピーの流れと実践

    ◎感覚を感じすぎる or 感じない時 /自律神経の調整アプローチ

    ◎その他

    ・テーマが決められないとき
    ・何から取り組んでよいかわからないとき
    ・テーマがいくつもあって迷うとき
    ・潜在的な力やエネルギーを発揮したいとき
    ・なんとなくネガティブなものをすっきりしたいとき
    etc

    【受講料】 36000円(税込み)

    【受講資格】心身のケアなどに興味がある方。

    ※トラウマによるフラッシュバック症状や、現在のなんらかの症状が強い方(強迫、不安・パニック、その他等)には、ご受講よりも、セラピストともに行うセラピーがご自身の回復に役立つでしょう。

    落ち着きましたら、その時はぜひご受講くださいね。ご興味を持ってくださりありがとうございます。

     

    募集要項

    →「基礎コース」オンライン 2月スタート 水曜夜クラス  

    【日時】2020年 2月19日 3月4日、11日、25日 水曜日
    【時間】19時15分~21時30分(終了時刻は最大15分ほど前後あり)
    【場所】ご自宅でご受講できます。インターネットにつながる環境であれば、場所を問わず、PCやスマホからご受講いただけます。
    ◆お申込みはこちら

    →「基礎コース」オンライン 2月スタート 火曜昼クラス  

    【日時】2020年 2月18日 2月25日 3月3日 3月17日 ※すべて火曜日水曜日
    【時間】10時~12時15分(終了時刻は最大15分ほど前後あり)
    【場所】ご自宅でご受講できます。インターネットにつながる環境であれば、場所を問わず、PCやスマホからご受講いただけます。
    ◆お申込みはこちら

    繊細・敏感・HSPの目標の立て方

    新しい年を迎え、フェイスブックなどSNSで、今年の目標ややってみたいことなどを掲げている投稿を

    いつくも目にしました。

    前向きなエネルギーで、見ているだけでも元気ややる気をもらえそうです^^

     

    HSPは目標を立てるのが苦手 

    ところで、目標を立てるのが実は苦手・・・という方はいませんか??

     

    私は今まで相当な人数のHSPの方々にお会いしてきていますが・・・

    私の知る限り、繊細・HSPの人々に、実はコレ、多い傾向があります。

     

    特に、数字が入っている、何月までに、何円、何人、何キロ・・・というような目標や、

    詳細で具体的な目標、

    結構先の目標(数年後とか)

    こういったものは、より立てにくいようです。

     

    わたしも目標を立てるのは苦手な方です。

    目標を立てたほうがいいということは、身をもって知っている部分もあるのですが、

    でも、いざ、目標を考えるようなワークなどがあると、答えに相当つまります 笑

     

    なぜHSPは目標を立てるのが苦手? 

    まず、繊細・敏感・HSPの人は、さまざまな感覚に敏感ですので、「違和感」や「何か違う感じ」にも敏感です。

    更に、まじめな人も多く、自分に正直でいたいので(自分に嘘を付けない、嘘をついたときの感覚もすごく嫌)、なので妥協できません。

     

    ちょっとの違和感に、「ま、いいか」と思えない。

    この目標なんか違う・・・、微妙にどこか違う・・・・、やっぱり違う~~~と感じて、

    それで、考え込んでしまいます・・・笑

    HSPの特徴として、思考も多角的であり、深くも考えるんですよね。

    なのでどんどん考え、どんどん違和感が・・・笑

     

    違和感のない、自分にしっくりくる目標が、なっかなか見つからないんです。

     

    あと、HSPの方は、どちらかというと、未来のイメージを持ちにくい人が多いように思います。

    今の感覚に引っ張られやすいというか・・・今の方がより気になるというか・・・・

    そういうのも目標を立てるのが苦手な要因の一つではないかと思います。

     

    それから仮に目標が立てられたとしても

    その目標に対して、それが達成できていない、今・現実をリアルに感じてしまいます。

    そうすると、「できないかも」「そうなったらいいけどきっと無理だろうな」などと、ネガティブな気持ちが出てきてしまう。

    そしてその気持ちを敏感にキャッチしてしまうので、どうも目標を立てずらい・・・というのもあるようです。

     

    どうでしょう?

    HSPの皆さん・・・・笑

     

    もちろん、HSPといってもいろんなタイプがありますから必ずということではないのですが、傾向としてこういうのががあるように思います。

     

    目標は立てたほうが良い??

    そもそも、目標を立てる必要があるかどうかということなのですが・・・、

    目標を立てることについて、研究や、追跡調査などもたくさんあります。

    立てる方が成果がでたり、欲しい結果が得られるなどの結果が出てることが多いようです。

    脳科学の分野でも目標を立てることにより、やる気ホルモン(ドーパミン)が出る、などと言われています。

     

    確かに、目標や方向性がある方が、具体的に何をすべきかも見えてきやすいというのは言えますよね。

     

    しかし、HSPの人は先にも書いたように、そもそも立てるのが苦手な上に、

    基本的にまじめな人が多く決めたことを頑張りすぎてしまいがちという傾向もあり、目標があることで生きづらくなったり

    自分を苦しめてしまったりしている人も度々見かけます。

    目標の立て方は一般的にお勧めと言われているものではあまりうまくいかないかも・・・です。

     

    繊細・敏感・HSPはどんなふうに目標を立てるといいの?

    では、繊細・敏感・HSPな方々はどんなふうに目標を立てていくといいのでしょうか?

     

    ①ざっくりと大雑把でOK

    自分にしっくりくる目標を探すとなかなか見つからない。だが、あまりに違和感のあるものも、もちろん無理。

    だから、「なんとなくこんな感じ」というようなものでいい。時期や数字などは、あまり具体的でなくていい。

    内容もざっくりでいいし、方向性だけでもいい。テーマだけというのもいい。

    途中で変更も何度でももちろんOKなので、柔軟に行きましょう。

     

    ②ハードルの低いものがいい

    目標と今とのギャップがあるとその違和感をしっかりキャッチしてしまうので、ある程度イメージがしやすく達成しやすいものを。

    ハードルが高いとそれが自体がストレスになりやすいので、出来そうなことを。

    HSPはまじめな人が多いので、それを達成しようと、とっても、頑張りやすい。でも、ずっとそんなだと疲れるし、それで挫折してしまうこともある。だから、ゆるいくらいのほういい。自分に優しく。HSPはその方がかえって持続的な活動ができます。

     

    ③目標というよりは、こうなったらいい、こうしたいな、あれしたいな・・・という自分の感覚を大切に。

    これはとても大切。HSPの人たちはこれだけでもいいかもしれないくらいです 笑

    そのうえで、じゃあ、そのためには何ができる?何をするといい?という視点で具体的な行動に落とし込むといいかも。

    この感覚を大事にするとHSPは力を発揮しやすいです^^

     

    ④目標と具体的行動は別

    目標たてるのは苦手といいつつ、具体的な行動は案外掲げることができるように思います。

    「今年は毎日、ブログを書くことが目標です」

    「腹筋を毎日50回する」みたいなやつです。

    (多分これも未来をイメージしにくく今に引っ張られやすいから、行動の方が立てやすいのかな?と思ったりしています)

     

    目標ってもっとどうなりたいか?どうありたいか?といようなものなので、

    目標「もっとたくさんの人に自分を知ってほしい」→だから行動は「毎日ブログを書く」

    目標「やせてスタイルが良くなりたい」→だから 行動は「腹筋を毎日50回する」

     

    という目標と行動においての関係性があるわけです。

     

    なので、もし具体的な行動が先に出ている人は、かならずそこにが目標というか、

    どうなりたいとかどうありたいか・・・

    みたいな気持ちがあるはずなので、そっちは何かな??と、意識してみるといいですよ^^

     

    そうすると、自分のやりたいことや方向性がよりわかりやすく見えてくるでしょう。

    自分の気持ちに気づいたり、より具体的な行動のバリエーションについても視点が広がると思いますよ^^

     

    HSPの方々は、その感性を上手に生かすことでより自分らしい力を発揮できるし

    どんどんやりたいこともやっていけると思いますので、目標をたてるときもその感性を押し込めないことが大切です!

    そして何より、自分が心地よいか、いい感じがするか、これが大事ですよ♡

     

     

    もし、思い当たるところがありましたら、参考になさってくださいね。

     

    今日は繊細・敏感・HSPな人たちの目標の立て方について書いてみました。

    感想・質問などありましたらお気軽にお寄せ下さい。

    これからも愛しいHSPの皆様を観察していきます 笑

     

    葵井の個人セッションについては こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

    2020年は限界突破

    あけましておめでとうございます^^

    今年もどうぞ宜しくお願い致します。

     

    私は、年越しそばというものは、年を越すその瞬間に食べるものだと長年信じていて、実際に

    その時間に食べていたこともありました。笑

     

    さて、私は大晦日はたいてい、なんとなく紅白を見ています。

    しかし、長時間の大きな音量でのテレビは疲れてしまって(父母がだんだん耳が遠くなっており音が大きいのです・・・・)

    私は部屋にこもり 笑 時々居間に行き・・・・

    見たい人が出てきたら呼んでもらうようにしています。

     

    氷川きよしさんの変容

    今回、絶対見たいと思っていたのは、氷川きよしさんです!!

    今までは、かっこいい演歌の王子様みたいなイメージでしたが、

    最近はかわいらしかったり、きれいだったりと、中性的な変容ぶりが気になっていました。

    そして、「限界突破×サバイバー」という曲を、今までと全く違う表現で歌う姿をユーチューブで見てから、とても気になる存在になっていました。

     

    氷川さんのインタビューの記事を読むと、

    これまでは演歌歌手としてのイメージや事務所の考えなどもあり、ご自分のしたいことを充分できず、求められているものにこたえてきたようです。

    「カテゴライズのや比較の中にいるのは苦しい」

    「男らしくしてと言われると死にたくなる」

    「本当の自分を表現しよう、ありのままの自分を表現しようと決意した」

    「これからは自分の才能や持っているものを表現したい、活かしたい」

    「自分の個性や命を大事にしたい。人を励ますアーティストでいたい」

    というようなことをおっしゃっていて、

    これまでの苦悩も感じましたし、そしてこれからの強い決意をも感じ、胸にぐっとくるものがありました。

     

    そして、紅白歌合戦での氷川さん。見ましたか?

    とっても輝いていて、本当に本当にすてきだな~~~~って思いました。

    新しい氷川きよしさんになったのではなく、本来のご自分の姿、才能、そういったものを表現し、発揮されている!!そんな風に私は感じました。

    自分らしくあるとき、それを表現している時、それはこんなにも輝いて魅力的なものだと感動して・・・・

    思わずテレビの前で拍手しました!笑

     

    誰もが自分らしくいたい

    誰もが自分らしくいたいと思うものですが、それを表現するのは時に、怖さが伴ったりしますよね。

    少数派だったり、いわゆる一般的な認識と違っていたりすると、「変わっている」とか「変」とか批判をされてしまうことがあったり、

    どう思われるか?が気になってしまうことがあるかもしれません。

    また、自分らしくいよう!と思っても、なかなかそうはできない、自由ではいられない、

    そういった環境にいることもあるでしょう。

    あるいは、自分らしくいようと思いながらも「無意識」の制限を自分自身にしてしまっていることもかなりあります。

     

    セラピーを受けに来てくださる方にもそういった方は多いです。

    いえ、ほとんど、かもしれません 笑

     

    誰しも自分らしくいたいんです。それはあまりにも当然のことですよね。

    自分らしくいれないって、本当に苦しいこと。

     

    限界突破

    でも、そこから「自分らしくいこう」と決意し、実際にその姿を見せてくれた氷川さん。

    既にあるイメージを壊し進んでいくことは、勇気がいるし、まさに「限界突破」!

     

    この1年の氷川さんの姿に、勇気をもらった人も多いのではないでしょうか。

     

    自分は~~~だ、と決めていること。

    ~~~でいなければならないと思いこんでいること。

    期待にこたえなければと感じていること。

    無理だと思っていること。

    私がダメだから、自分が悪いからと責めていること。

    そして気づいていない自分の制限・・・・

    etc

     

    それぞれが自分の中の『限界突破』して、自分らしさを現していけたら、そしてそれを互いに認め合っていけたら、

    本当に素敵だなって思います。

     

    他の誰かになる必要ものなく

    求められる像にこたえる必要もなく

    自分らしさを表現し、

    あなたが、あなたを発揮する。

     

    決して、大きなハードルをかかげなくていい

    ほんの些細なものでいい

    氷川さんみたいなわかりやすい変容じゃなくていい

    あなたのペースでいい

     

    あなたのペースで、あなたなりの、限界突破♡

     

    2020年は限界突破の年、さぁ、はじまりましたよ~^^

    ともに進んでいきましょう。

     

     

    葵井の個人セッションについては こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★葵井美香子メルマガの登録はこちら

    ★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

     

     

     

     

    光をさしてくれるもの

    使命について思うこと

    今までに、一度は、自分の使命ってなんだろう??って思う事があるのではないだろうか?
    なぜ生まれてきたのだろう?そして私は何をすべきなのだろう?そんな風に・・・
    私もしかりです。
    究極、それを突き詰めていくと、それは「生きること」なのではないかと思った。
    いろんなことがあるけれどただただ、生きていく。
    今日を、明日を、その次の日を、1日1日を、生きていく。
    言葉にすると容易いけれど、苦しみの中にいるときは本当に辛い。

    避けることができないものに

    生きていると
    辛いこと、どうすることもでかないこと、
    避けられない痛み、どうして私がと思うようなこと・・・・・
    誰にでもあるだろう。

    セラピーで身体を通じて気持ちを聞く

    彼女にはとある心配な事があった。

    それは身体に起きていることで、どうすることもできないことだった。でも、彼女は一見、明るくふるまっていた。

    そうやって周りに心配させないとしていたのだ。

    だけど、頭の中が色々な思いでぐるぐるしている。

    ぐるぐるぐるぐる・・・・していて、本当は辛い。

     

    セラピーで、「身体を通じて気持ちを聞く」ことをした。本人さえも気づかないでいた本当の気持ちが出てくる。

    迷っていたこと、本当は言いたかったこと、抑えていた気持ち・・・

    ひとつひとつ、そういった自分の気持ちに気づいていくと、胸のつかえがとれ、身体が緩み、爽快感を感じる。

    気になっていた事自体は、変わらずあるけれど、そこにあった怖さや不安、怒りなどは消え、

    大丈夫な感じ、それに対応できそうな感覚、そういったものが彼女の中から出てきた。

     

    光を差してくれるもの

    どんな苦しみの中にいても、セラピーはいつも優しく、そこに光をさしてくれる。

     

    それは時にほんのかすかなものかもしれない。

    すぐにはわからないかもしれない。ちょっと時間がかかるかもしれない。

     

    もちろんすぐにわかることもある。

    気づいたらふとわかることもある。

     

    その現れは様々だけれど、ひとつ言えることは、

    セラピーはどんな苦しみの中にいても、光を指してくれるもの、そうなのだ。

    私はそれを自分の体験として何度も味わい、

    そしてクライアントさんとのかかわりを通してその瞬間を幾つも目撃してきた。

     

    もしセラピーを知らなかったら、困難と感じることがあったときに

     

    どんな選択をしただろうか?

    どんな私でいたのだろうか?

    もっと暗闇の中に長くいる選択していたかもしれない。

    愛という現れ

     ただ身体と感覚とそこに現れる気持ちとに気づき、優しをむけていく・・・・それにはセラピーという名前がついているけれど、その本質は愛の現れ。

    これに出会うことができて私は本当に良かった。

    そこに光があるということを知ることができた。これが生きる力になることを知った。

    セラピーと言えど色々あるけれど、わたしは、いちばん自然な形でそれとともにいたい。

    その人のoptimal(最善)な現れを大切にすること・・・・

     

    それが自然であり、いちばんやさしく、いちばん強い。そう感じている。

     

    2020年もまた、

    セラピーがあなたの生きる力の一助になれば嬉しく思います。

    2019年、ありがとうございました。ただただ感謝でいっぱいです。