繊細で敏感な人 HSP4つの特徴 

うまれ持った特質として、感受性がつよく繊細な神経な人=HSP

 

もしかしてあなたの生きづらさの理由の一つかもしれません

→まずはこちら をどうぞ^^

HSP4つの特徴

HSPの人には4つの特徴があるんです。

では、さっそく見てみましょう♪

 

①深く処理する

物事を深くとらえたり、考えたりする、という意味です。

 

その具体的な現れとしては、

・この行動したらどうなるかという先のパターンを考える

・少しの情報から他のことにまで考えが及ぶ

・物事をはじめるまでに慎重だったり、あれこれ考える

・ひとつの事柄に関して色々な可能性を考えることができる

・本質をついた質問をする

・すこしの説明で全体が理解できる

 

 

②過剰に刺激を受けやすい

同じ状況にあってもHSPは、その刺激の影響度合いが大きいのです。

 

・人混みなどで疲れやすい

・音や光やに匂いなどが気になってしまう

・スーパーや電機屋、人の多いお店などにいると疲れる

・ちょっとしたことでも、びっくりしやすい

・映画や音楽、芸術、本などに深く感動したり影響される

 

など

 

③感情反応が強く、共感力が高い

他者の気持ちをよく感じとったり、それに共感する傾向が強いです

 

・誰かの気持ちと同じような気持ちになりやすい(悲しんでいると自分も悲しい、喜んでいると自分も嬉しい等)

・映画やドラマなどで感情移入しやすい

・相手の気持ちを察知しやすい

・他人からの影響を良くも悪くも受けやすい

など

 

④ささいな刺激を察知する

HSPは非HSPが気づかないような些細なこともよく気が付きます

 

・かすかなにおい、小さな音、肌さわりなどの変化、色や形の違いなどに

よく気が付く

・誰かの表情や目線の違い、声のトーンの変化などがすぐわかる

・服のチクチクが気になる

 

など

 

HSPの研究をされてエレイン・N・アーロン博士によると

この4つの特徴

 

①深く処理する

②過剰に刺激を受けやすい

③感情反応が強く、共感力が高い

④ささいな刺激を察知する

 

が、HSPにはすべてあると言っております。ひとつでも当てはまらないのは、

HSPではないそうです。

 

あなたはどうでしょうか??

 

HSPは生きづらさの理由のひとつにはなりますが、

視点を変えると、深く味わう自分らしい生き方も可能です♪

 

 

続けて書いていきますね^^

 

 

アーロン博士のわかりやすい本は

コチラおすすめです

↓↓

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です