悲しいニュースに気持ちが反応するときの「自分の心のケア」

悲しい事件や事故などを、毎日のように報道されています。

これらのことに「どの視点で見るか」で、様々な意見や考えがあると思うのですが

今日は、そういった事件や事故を知った「自分の心のケア」という視点で書いてみようと思います。

その情報をどこかから知りますよね。

そうすると、「怖い」とか「不安」とか「怒り」とか何か自分の気持ちが反応するかもしれません。

あるいは「ドキドキ」とか「ざわざわ」とか身体の反応かもしれません。

 

特に自分とリンクしやすいものには反応が起きやすいと思います。

例えば「同じくらいの子がいる」とか「私も過去に似たような体験をした」とか「近所だ」とか。

 

それは自然な心と身体の反応です。だからそれは何も悪くありません。

こういう時は、その自分に「怖いね」「ドキドキするね」などと、「寄り添って」あげてください。

「あ、すごく怖がっている」「不安になっている」と自分の気持ちや身体の反応に、「気づく」だけでもいいです。

たったこれだけのことと思うかもしれませんが、反応に対して「寄り添ったり」「気づく」ということは、

その気持ちをゆるめることにとても役立ちます。

 

そして、その情報から遠ざかりましょう。

 

特にテレビは、視覚と聴覚を通してダイレクトに働きます。テレビをつけていると何度も繰り替えし報道されます。悲惨な声をたくさん届けるでしょう。

インパクトのある映像や音、繰り返しの情報などに触れていると、無意識であれどもそれは影響を及ぼします。

自分が実際に体験していなくても、こういった過度の情報や刺激から、いわゆるトラウマのような状態になりうることがあるのです。

(震災後に報道を見ていて、心身が不調になった人が多くいましたよね。)

 

トラウマは、出来事が過ぎ去ったあとにも身体に記憶され残ったままです。

そうすると、

普段の生活の中でも、必要以上に怖さや不安を感じやすくなったり、心配しすぎたり・・・そういった

反応が起きやすくなります。

もちろん、万が一のことに「備える」ということは必要ですが、「過剰な」恐れや不安などなく、日々を過ごしたいものですよね。

 

特にちいさなお子さんには、テレビなどのニュースは見せないようにしましょう。

年齢、また起きた出来事の内容に応じて、あえて教える必要もないこともあるでしょう。

大人よりも刺激をダイレクトに受けます。情報を制限することで、子どもを守ってください。

 

飛行機が怖くて乗れないという40代の方のセラピーで、5歳くらいの時に見た飛行機事故のニュースがいまだに影響しているということが

ありました。これは一例ですが、こんな風に影響が続くこともあります。

 

もし、何か「情報を知りたい」という気持ちがあるなら、最小限で、できれば文字の方が刺激が少ないかと思います。

また「世の中のニュースをは知っておくべきだから知らないとまずいよね」という考えの方もいますが、何度も触れる必要はないはずです。それよりも自分の心の安定を優先しましょう。

 

そして、心が安らぐもの、落ち着くもの、ちょっとほっとするようなもの・・・・

そういうものを身近においたり、視界に入るようにするのもお勧めです。お花や植物、ちょっとしたぬいぐるみ、かわいい小物、気持ちのよいタオルなどもでいいでしょう。

かわいがっているペットとの触れ合いも良いでしょう。

ほっとするものや安心できるものなどを感じられる環境や時間を、

いつもよりほんの少しでいいので、増やしてみてください。

 

まとめると・・・

自分の起きている気持ちや反応に気づき、過剰な情報からは遠ざかり、ほっとするものを取り入れてください

ということです^^

 

もしあまりにも感情や身体的な反応が大きく出たり、継続するときはセラピストさんへご相談されるのをお勧めします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クローバーお知らせクローバー
❖自分でできるセルフセラピーを学ぶ・・・・6月スタートコース募集 こちら 
(どこからでも参加できるオンライン講座です
❖読むセラピーをどうぞ、無料メルマガ こちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クローバーよく読まれている記事クローバー

◆やりたいな~と思っているのに、行動できないとき

◆災害や事故のときの「心の応急処置」

◆親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

❖葵井美香子FB お友達申請、メッセージつけてくださると嬉しいです こちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です