自律神経の森 とんとんとんの秘密 辻仁成さん

作家の辻仁成さんがツイッターでつぶやいていたのです。

胸をやさしくとんとんすると、ストレスが楽になるよ・・・ということを、

とてもとても美しい言葉で綴っていらっしゃっていて・・・とんとん愛用者としては、わぁ~~感動♡

 

そこで、辻さんのおっしゃっていることについて、私が勝手に解説したいと思います 笑

 

「自律神経の森ってなんだ??」と思う方もいるかもしれません。

「とんとん」を、ご存知ない方にとっては「とんとんとん」っていったい何?と思うかもしれません。

「本当なのかな?」「気休め?」と感じる方もいるでしょう。

 

ですが、このトントン、実はちゃんとした心理療法の一つなのです。

上手に活用すると、本当に気持ちが楽になったり、身体が緩んだりするのです。

私も気がかかりなことがある時や、なんとなくすっきりしなくてモヤモヤする時などに、使っています。

 

心理セラピーの個人セッションでももちろん使っています!

イギリスでこのトントンを使った心理セラピーを学んでから10年以上、ずっと使い続けている方法の一つです。

私だけでなく、今までたくさんのクライエントの変化のサポートにずいぶん役立ってくれています。

 

先日クライエントさんが「子どもについイライラして怒ってしまいそうになった時、キッチンでこっそりトントンしていたら

気持ちが落ち着いて、普通に対応できました」とお話してくれましたよ^^こういった感想は数え切れないほどいただいています。

 

それでは「とんとんとん」説明していきますね!!

 

自律神経系のこと

辻さんの言葉に「胸に自律神経の森が広がっている・・・・」とありますね^^

はい、そうなのです。

胸もそうですし、顔まわりや、首のど、お腹にかけては、リラックスしたり安心したりすることに関係する自律神経系がたくさん通っているところです。(腹側迷走神経複合体や背側迷走神経複合体など)

ですので、リラックスしたり安心できない時・・・・つまりストレスを感じている時などには、

胸がどきどきしたり、呼吸が浅くなったり、目が疲れたり、耳が聞こえにくかったり、肩に力が入ったり、お腹が不調になったり・・・・

この部位あたりに不調がでてくることが多いでしょ~。

 

とんとんって何?

とんとんとは、「タッピング」とも呼ばれています。

指先で軽く、身体のどこかをとんとんと叩くものです。

EFT、TFTなど、このタッピングをメインとした心理療法もあります。

また、タッピング自体がとても使いやすいものなので、色々な療法の一部として取り入れられています。

 

どうして、とんとんするとよいのか?

実はとんとんしているのは、東洋医学をベースに、人の身体の「ツボ・経絡」を踏まえ考えられている個所なのです。

ですので、とんとんは「鍼を使わない鍼治療」などと表現されることもあります。

とんとんすると

・心拍の微細な動きが正常になったり

・ストレスで過剰な働きをする扁桃体をスムーズにしたり

・ストレスホルモンの分泌が減ったり

・自律神経の働き整ったり

・・・・などなど、研究がたくさんあります。

実際に鍼を使わないとんとんでも、このような変化があることがわかっています。

ですので、心と身体の調子を改善し、ストレスケアにも良いわけなのです。

 

どんな時にするといいの?

ストレスを感じるときはいつでもしてください。

例えば

よくわからないけど何かすっきりしない時、

何か気に病むとき、ストレスを感じるとき、身体が緊張したり動かない時、痛みを感じるとき、眠れない時、

焦ったとき、怒ったとき、悲しい時、不安な時、怖い時・・・・・

などなど・・・

また、寝る前に心と体をゆるめよう、ちょっとリラックスしたいな、なんとなくの気分転換に・・・というようなときにも

良いですよ^^

 

とんとん、タッピングの方法

このとんとん、タッピングのやり方は、色々な「方法」があります。アレンジが満載なのです。

また、とんとんタッピングすると良い「個所」も、胸以外に顔や指など、身体に数十か所あります。

ですが、今回は辻さんが「胸」って言ってるいるので(^^♪

胸をとんとんする、とても簡単な方法をお伝えしたいと思います。

 

①鎖骨の下、喉の下のあたりを指先でやさしくタッピング、とんとんと叩きます

②とんとんのリズムはご自分が心地よい感じのものでOK

③強さは優しくそっとで大丈夫

④そのまま静かにとんとんとん・・・・、数十秒~1・2分程度つづけてみましょう。

この時、身体に意識をむけてみましょう。何か気になる身体の感覚や感じがあればなんとなくそれに気づいていてください。

とんとんが身体に響く心地よさやその刺激を感じるのも良いです。

⑤いったんお休み、休憩します。数十秒程度 ※ここがなかなかのポイントです!

休憩の時に、人によっては自然と深い呼吸をしたくなったり、身体がぶるっと震える感じがあったり、身体がすっとゆるむかんじがあったり、あるいはそれ以外の感じがあったりします。また、なにも感じないということももちろんあります。いずれにしても、ただ、その在る「感じ」のまま気づいて、起きるままにしておきます。

⑥また、とんとんを先ほど同様に続けてみましょう。

⑦④-⑤を何度か繰り返して程よいところで終わりにします。

 

身体と気持ちに意識を向けてみよう

始める前より、すこし落ち着く感じや、呼吸がしやすくなる感じ、なんだか気持ちが良いような感じ・・・・そういった変化を感じられるかもしれません^^

その時どきによって、いい感じの変化を感じられることもあるし、あんまり変わらないな・・・と思うこともあると思います。

どんな変化があるかな、ないかな、感じてみてください。

とんとんはいろいろな良い効果が期待できますが、さらに

道具もいらない、お金もかからない、簡単で労力もいらない、副作用もない・・・良いところがいいっぱいです。

ですので、どんどん試してみてくださいね♡

 

ある受講生さんは「頭痛の予兆があるときにトントンをゆっくりしていると、頭痛が起きないんです」と教えてくださいました。

その方は胸以外の個所も含めた方法で、15分くらいで続けていると収まるそうです。

何もしないと激痛が起きて寝込んでしまうこともあるそうです。(病院でどこにも異常はないと言われています)

こんな風にじっくりやってみるのも良いでしょう。

気軽に続けているうちに、なんとなくコツがつかめたり、感覚がわかってくるのもあると思います。

 

私はよく寝る前に、お布団の上に座って、とんとんとん・・・ってしているんです。

ふ~~~~と気持ちが落ち着いて眠くなってきます。

 

ぜひお試しくださいね!辻仁成さんありがとう~~~~♡

 

心と身体に優しい情報をお届けしています

★『読むセラピー』メルマガの登録は こちら

 

———-—————–お知らせ———-—————–

★オンライン講座

心と身体のセルフヘルプに役立つ講座をいくつかオンラインで開催します。

1時間半~2時間くらい、とっても参加しやすいお手頃価格でご案内予定です。

確定後、メルマガでご案内しますね

個人セッションについては こちら

★『読むセラピー』メルマガの登録は こちら

★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

—————————————————————

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。