親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

親を許さないと、仲良くならないと、幸せになれない?

「親を許さないと幸せになれないと聞いたのですが、本当ですか?だとしたら私は幸せになれません」とクライアントさんがおっしゃったことがありました。

 

「親を許さないと幸せになれない」

「親と良い関係でなければ、成功できない」

「親子関係はもっとも自分事な人間関係だから、そこが良好でなければ、他の人間関係やいろんなこともうまくいかない」

「親に感謝しないと何事もうまくいかない」

・・・・・・・等ということを私も見聞きしたことがあります。

 

そして、私は昔、これを信じていました。

当時、親に対して「なんで理解してくれないんだ!!!」という怒りや不満を持っていてケンカもよくしていたので、この言葉がズシンと響きました。

「そっか。じゃ、私、だめだ・・・幸せになれないんだね・・・」と。

 

一理あるけど、真実ではない

でも、今はわかるんです。これらは一理あるけれど、すべてが真実ではないと。

心理セラピストになり、クライアントさんが歩んできた人生をお聞きする中で、「それは許せないと思っても当然だよね・・・」というような状況にあった方が実際にたくさんいることを知りました。

その人たちみんな、親を許さないと幸せになれないの?仲良くならないと幸せになれないの?

そんなことはありません!

ただね・・・。一理あるという点で言いますと、まず、

誰かを許さないでいるとか、ずっと不仲でいる状態って、憎しみや怒りや悲しみなどをたくさん抱えていることですよね。

それって、やっぱり、誰より自分自身が辛いと思うのです。

親への不信感があるということは、なんとなく他者へも心を開けないし信用できない感じにつながることもあるでしょう。

また親に受け入れてもらえなかったことを、パートナーや親しい人に過剰に求めてしまうこともあるかもしれません。あるいは自己犠牲をしてまで誰かに愛されることを求めてしまうかもしれません。人間関係での不安が多かったり、人知れず悩むことも多い傾向があります。

そしてそのような思いは無意識にいつもどこか身体を緊張させるものです。ですので身体への不調となって現れる人もいます。

人の目が気になったり、自分へ厳しかったり、行き場のない感情が度々でてきたり・・・・・・、一見、親とはなんら関係のないところへも現れてきます。

そう考えると「幸せになれない」などと言われるのは「一理ある」といえますよね。

でもね、だからって、「親を許さなければ、仲良くならなければ、幸せになれない」ということではないのです。

それとは関係なく、ちゃんと幸せになれます、楽になっていけるんですよ。

 

親を許さなくたって、幸せになれる

それにはまず、自分自身の心と丁寧に向き合うこと、これがとても大切なんです。

自分の「本音」と対話し、本音に寄り添い、受け入れていくこと。置き去りになっている傷ついた自分の気持ちを見つけてあげること。労ってあげること。

これらは時に時間のかかることです。苦しい感情があればあるほど、あるいは長期間抱えてきたものであればあるほど、なおさらです。

また少し難しいかもしれませんが、例えば「許さない」とか「憎しみ」とか、あるいは「諦め」とか・・・・、いろいろな辛い思いや感情をずっと持ち続けていることで、何かしら自分を支えたり、助けていいることも実はあります。(無意識的にあるので気づきにくいですが)

こんな風に複雑な部分もあるので、やり方がわからなかったり、一人では難しくセラピストなどのサポートが必要な時もあるでしょう。

けれどもそうやって自分の本音との対話していくその積み重ねは、今までずっと抱えてきた苦しい感情や思いを楽にしてくれる近道でもあるのです。(一見遠回りに見えるけど・・・)

そして・・・・

自分の気持ちが楽になってくると、親への気持ち、思い、見方・・・そういったものが自ずと変化していくのです。

どんなふうに変化するかは人それぞれ違うけれど、その人にとって、もっともいい形に。

もしかしたら、大嫌いのままかもしれないし、許さない気持ちのままかもしれない。諦めたままかもしれない。けれども、この「大嫌い」も「許さない」も「諦め」も、以前と違う形の「大嫌い」「許さない」「諦め」になるんです。つまり、自分にとって苦しみの少ない優しいものに変化するはず。

 

私はというと、親に対して「もっと自分を理解してほしかった、わかってほしかった」という思いは確かに今もあるけれど、それとともにあった怒りはなくなりました。親もその時その時で精いっぱいだったんだろうな・・と思え、感謝の気持ちが増えました。でも、実家に帰ると「あ~~~うるさいな・・・・」と思ったりすることは、もちろんありますけど(笑)

そして、わたしはわたしの幸せを感じて生きていますよ(^_-)

 

人それぞれ、生きてきた道、家族、親、本当にいろいろな状況、出来事があると思います。

でもね、どんな状況で育っても、どんな親だったとしても、そして今がどんなに苦しくても、

親を許さなくても、仲良くなれなかったとしても・・・・

あなたはあなたとして幸せになれる力を持っているんです。

そのことを忘れないでください。

にゃ~~~♡

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆もっと詳しく知りたい方へこちらもおすすめデス。親子関係をテーマにしたセミナー☆

「私が生きづらいのは親のせいだ」 ~親子関係に悩み、「親が変わらない限りは楽になれない」と諦めているあなたへ~

(講師は私のセラピスト仲間です)

詳しくはこちら

★葵井美香子メルマガの登録はこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. そらママ より:

    こんにちは。
    私も幸せじゃないのは親や姉妹との関係性が影響してるから・・・と思っていました。でも、家族との関係のせいにする自分も嫌で悶々としていたこともあるので、ブログを読んで納得できたというか、ストンと落ちたというか・・・
    仲が悪いよりいい方が良いけど、自分が幸せになるかならないかは別ですよね。
    自分を幸せにできるのは自分しかいないのだから、自分ともっと向き合っていきたいと思います!

    • mikako より:

      そらママさん
      こんばんは^^コメントありがとうございます。
      そうですそうです、仲が良いかどうかと、自分が幸せになるかどうかは別ですよね^^
      自分と向き合うことを通じてもっと幸せを感じれるようになりますよ♡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です