未来を悲観的に思うときに思い出したい言葉

    未来を悲観的に思うとき

    何か新しいことを始めるときや、違うことをするときや、
    望む未来、これからのことを考えてみた時に・・・・

    「やっぱりうまくいかないかも」
    「こんなことして批判されるかもしれない」
    「どうせ無理だ・・・」

    等などと、ネガティブな気持ちが出てきたこと、ありませんか?

    特に現状が実際に厳しい時は、これからを考えても悲観的になりがちですよね。

    私もあります。もちろん・・・。

     

    お友達が言ってくれた言葉

    ただ、『ある言葉』を思いだすと、ちょっと気持ちが前向きになるものがあって私はそのことを思い出します。

    それは数年前、割と悲観的に悩んでいた時に、お友達が言ってくれた言葉です。

    「でもね、美香子ちゃん、未来は誰にもわからないよ。いろんな可能性があるよね」

    と何気なく彼女は言ったのですが・・・・とても悲観的に「どうせ無理だろうな・・・」という気持ちだった私は、

    「そっか、ネガティブな方に考えすぎていたけれど、どうなるかなんて誰にも分んないよな~」と思えて、とても救われた気がしました。

    実際、数年たった今、その案件は当時の予想とは全く全く違う展開!想像すらしていなかったものになっています。

    過去を振り返って気づくこと

    私は先日、お誕生日で、その時に去年の今頃を思い出してみたのです。

    1年前・・・・当時はもちろん現在のこのコロナ禍のことなど想定していませんでした。

    また、その頃、仲が良かった人と少し距離ができていたり(仲が悪くなったという意味ではなく)、
    一方で当時より距離が近づいて親しくなった人もいます。

    仕事や生活においても、
    新しく始めたこともあれば、
    手放し、もうやっていないこともあります。

    自分の心も、考え方や感じ方も変わった部分もあるし、

    ついでに身体も、(できればパワーUPしたいけれど)年齢を確実に重ねている実感あります・・・笑

    1日単位で考えるとあまりよくわからないことも、1年でみてみると色々な面で
    随分変化があるな~って思いました。

    あなたも1年前を振り返ってみてみてください。あるいは2年前でもいいでしょう。

    その時に想定していなかったことが起きていたりしないでしょうか?

    何が言いたいかというと、ほんと、世は諸行無常、常に変化するもの。

    だから今考える想像する未来は、その一部にすぎないということ。

    未来の可能性は無限にある、ということです。

     

    今は「無理」って思っていることも、1年後には、予想とは違うものになっているかもしれません。

    今欲しくて欲しくて仕方ないものも、1年後には、興味がなくなっているかもしれません

    今は、暗闇で先が見えないものも、1年後には新しい展開があるかもしれません。

     

    人は本質的に、ネガティブなところに目が行きやすいと言われています。
    それはあまりに楽観していたら、危険が迫ったときに太刀打ちできないから。

    つまり、本能的に身を守れる方、安全な方がいいので、
    ネガティブな方に意識をむけ自分を守っているわけです。

    特に環境が変わるとか、新しいことを始めるとか、
    そんな時には、この本能が発動しやすいでしょう。

    もちろん、実際ネガティブなこともあるでしょうし、備えることも必要です。大事です。

    でも、それ「だけ」ではないはず。それなのに、ついつい自分の思考に囚われてそのことを見落としてしまいがち。

     

    「未来の可能性は無限」

    新しい一歩が踏み出せない時、未来に思い悩んだ時、思い出してみるとちょっと勇気がもらえる言葉・・・私はそんな風に感じて気に入っています。

    もしよかったらあなたの心のどこかにも置いてみてくださいね^^

    【セルフコンパッション・タイム オンライン参加無料 】

    ◆日程◆

    ・5月30日(土) 20時~

    ※所要時間、約30分~1時間以内です。

    ◆参加費無料◆

    ◆前回の参加者さんの声◆

    ・すごくリラックスできて寝てしまいました

    ・涙が止まらなかったです・・・

    ・久しぶりに優しい時間を過ごせて気持ちが落ち着きました。

    ・心や身体に意識を向けてみようと思うようになりました。

    etc

    ◆お申込み◆

    お申しこみフォームからお願いします。

    ・i cloud は届かないことが多いので、違うメールをお願いします。

    ・お申込み後すぐに自動返信メールが届きます。ない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

    ・参加に使うZOOMの設定などは各自でお願いします。簡単ですので大丈夫^^わかりやすい方法をリンクしておきますのでご安心を。

    詳しくはコチラもご参照ください。

    ★『読むセラピー』メルマガの登録は こちら

    心と身体に優しい情報をお届けしています

    個人セッションについては こちら

    ★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

    —————————————————————

    セルフコンパッションタイム、一緒に過ごしませんか

    気づかぬストレスに

    コロナの影響で、経済的なダメージが大きい人もいますし、自粛による鬱憤とした気持ちを感じている人もいますし

    ・・・程度の差有れど、なんらかのストレス、不安や恐れを感じている人は多いでしょう。

    状況に対する現実的な対処はもちろん必要です。

    また気持ちのケアも大切です。

    何か自分なりのことをされている方もいるかと思いますが、

    「食べる量やお酒が増えた」とか「ダラダラとテレビを見て・・・やる気が出ない」とか、あまり好ましくない方向に

    むいてる方もいることでしょう。(よく聞きます)

    私は先日、ふと「お酒が飲みたい」と思いました。普段、家では一切飲まないのですが、酒を欲する自分に「アレ?これはどこかいつもと違うぞ」と無自覚のストレスの存在を感じました。

     

    心のセルフケア

    そんな風に自分のストレスを感じた時にはたいてい何らかのケアをします。

    個人セッションでもセルフケアでもベースにある大事にしているものは「セルフコンパッション」です。

    少し時間を取って自分へコンパッション(思いやり、優しさ)を向けると、

    胸が軽くなって気になっていたことが気にならなくなったり、身体がふっと緩んで楽になるのを実感します。

     

    コロナ前からですが、自分のメンタルヘルスケアのために、私は日々の中に「セルフコンパッション・タイム」を設けています。

    メンタルヘルスケアのため、と書きましたが、「やらなくちゃ」という義務的なものでは全くなくて、

    実際はこの時間自体が自分にとっての楽しみでくつろいだ時間になっています。この習慣はもう2年近く続いています。

    続ければ続けるほど、心のたくましさも備わってくるし、もし落ち込んだり気になったりすることがあってもそこからの回復が早くなっているのを実感しています。他者への愛や優しい視点も増えるように感じます。

     

    セルフコンパッションって何?

    コンパッションは「思いやり」とか「慈悲」という意味ですので、セルフコンパッションは「自分への思いやり、慈悲」などを訳されています。「マインドフルネス」とともに欧米の企業などではメンタルヘルスの一環としてセルフコンパッションの手法を取り入れているところもあります。

    さて、「自分への思いやり」と言うと、あなたはどんなことを想像するでしょうか?

    色々なイメージがあると思います。それぞれ違うと思います。

    ここでは「自分への優しさを向けたり、自分の気持ちや状態などに気づいたり、自分への理解をすること」というような意味で使っています。

     

    セルフコンパッションで得られるもの

    セルフコンパッションについては多くの研究があり、心と身体の健康に役立つ色々な効用があると言われています。

    ・ストレスが減る

    不安や怒りなどのネガティブな気持ちが和らぐ。自己否定の気持ちが和らぐ。気持ちが落ち着いて冷静な視点が持てる

    ・幸福感が高まる

    自然な自分への「励まし」や「やる気」がでてくる。満足感やポジティブな気持ちが出てくる。

    ・レジリエンスが高まる

    ストレスからの影響を受けにくくなったり、そこからの回復が早くなったりする。

    ・自律神経系の安定

    自律神経系が安定することで、心身の様々な不調が緩和し楽になる。      etc

     

    などなど・・・・

    ちょっとざっくりと書きましたが、もっとあります。

     

    セルフコンパッションを一緒にしませんか

    セルフコンパッションの具体的な方法はいろいろありますので、おいおい書いていこうと思います。

    そして、今日は、一つだけ一番シンプルで抵抗がなくできるものをお伝えします・・・・と思ったのですが、笑

    もっと良い方法を考えました^^

    一緒にやりましょう言うより、読むより、実践した方がわかりやすいです♪

     

    というわけで『セルフコンパッションタイム』を一緒にしませんか。(無料)

    この時間は、それぞれがセルフコンパッションをするセルフケアの時間です。

    ファシリテートしますので、なんの予備知識もなく、気楽に、ふわっと、ふわわっと、ご参加ください。

    セルフコンパッションのアプローチはいろいろありますが、その時の気分などにより私が選び、参加の皆様とともに行っていきます。

    この時間が、あなたにとって優しい時間になるといいな。あなたの心や身体がふっと緩むといいな。自分を見つめるきっかになるといいな。

    そんな風に思っています。

    ともに優しい時間を過ごしましょう。

     

    【こんな方におすすめ】

    ・リラックスしたい

    ・心や身体を緩めたい

    ・瞑想とかそういうのが好き

    ・セルフコンパッションに興味あり

    ・心理セラピーが気になる

    ・心や身体のセルフケアを知りたい

    ・1人だとなかなかやらないので、誰かと一緒にケアする時間を持ちたい

    というような方のご参加お待ちしています。

    基本的に上記のような方はどなたでもご参加できますが、みなさまが気持ち良く参加できることを前提に

    次のような方には参加をご遠慮いただいております。

     

    【このような方はご遠慮ください】

    ・基本的なマナーがなかったり、人に迷惑をかけるような方

    ・あまりに精神的に不安定すぎる方(個人セッションの方が良いでしょう)

    ・妙にひねくれている人 笑

     

    【ご参加にあたってのお願いなど】

    ・ZOOM(オンライン)で行いますのでwifi環境がある場所がおすすめです。参加費やZOOMは無料です。wifiがなくパケット通信などかかる場合はご自分でご負担ください。

    ・参加による心身の変化にいついては、自己責任でご参加ください。

     

    セルフコンパッション・タイム

    ◆日程◆

    ・5月25日(月)9時~

    ・5月30日(土) 20時~

    ※所要時間、約30分~1時間以内です。

    ◆参加費無料◆

    ◆お申込み◆

    下記、お申しこみフォームからお願いします。

    ・i cloud は届かないことが多いので、違うメールをお願いします。

    ・お申込み後すぐに自動返信メールが届きます。ない場合は、迷惑フォルダを確認ください。

    ・参加に使うZOOMの設定などは各自でお願いします。簡単ですので大丈夫^^わかりやすい方法をリンクしておきますのでご安心を。

    お申込みはコチラ

    自律神経の森 とんとんとんの秘密 辻仁成さん

    作家の辻仁成さんがツイッターでつぶやいていたのです。

    胸をやさしくとんとんすると、ストレスが楽になるよ・・・ということを、

    とてもとても美しい言葉で綴っていらっしゃっていて・・・とんとん愛用者としては、わぁ~~感動♡

     

    そこで、辻さんのおっしゃっていることについて、私が勝手に解説したいと思います 笑

     

    「自律神経の森ってなんだ??」と思う方もいるかもしれません。

    「とんとん」を、ご存知ない方にとっては「とんとんとん」っていったい何?と思うかもしれません。

    「本当なのかな?」「気休め?」と感じる方もいるでしょう。

     

    ですが、このトントン、実はちゃんとした心理療法の一つなのです。

    上手に活用すると、本当に気持ちが楽になったり、身体が緩んだりするのです。

    私も気がかかりなことがある時や、なんとなくすっきりしなくてモヤモヤする時などに、使っています。

     

    心理セラピーの個人セッションでももちろん使っています!

    イギリスでこのトントンを使った心理セラピーを学んでから10年以上、ずっと使い続けている方法の一つです。

    私だけでなく、今までたくさんのクライエントの変化のサポートにずいぶん役立ってくれています。

     

    先日クライエントさんが「子どもについイライラして怒ってしまいそうになった時、キッチンでこっそりトントンしていたら

    気持ちが落ち着いて、普通に対応できました」とお話してくれましたよ^^こういった感想は数え切れないほどいただいています。

     

    それでは「とんとんとん」説明していきますね!!

     

    自律神経系のこと

    辻さんの言葉に「胸に自律神経の森が広がっている・・・・」とありますね^^

    はい、そうなのです。

    胸もそうですし、顔まわりや、首のど、お腹にかけては、リラックスしたり安心したりすることに関係する自律神経系がたくさん通っているところです。(腹側迷走神経複合体や背側迷走神経複合体など)

    ですので、リラックスしたり安心できない時・・・・つまりストレスを感じている時などには、

    胸がどきどきしたり、呼吸が浅くなったり、目が疲れたり、耳が聞こえにくかったり、肩に力が入ったり、お腹が不調になったり・・・・

    この部位あたりに不調がでてくることが多いでしょ~。

     

    とんとんって何?

    とんとんとは、「タッピング」とも呼ばれています。

    指先で軽く、身体のどこかをとんとんと叩くものです。

    EFT、TFTなど、このタッピングをメインとした心理療法もあります。

    また、タッピング自体がとても使いやすいものなので、色々な療法の一部として取り入れられています。

     

    どうして、とんとんするとよいのか?

    実はとんとんしているのは、東洋医学をベースに、人の身体の「ツボ・経絡」を踏まえ考えられている個所なのです。

    ですので、とんとんは「鍼を使わない鍼治療」などと表現されることもあります。

    とんとんすると

    ・心拍の微細な動きが正常になったり

    ・ストレスで過剰な働きをする扁桃体をスムーズにしたり

    ・ストレスホルモンの分泌が減ったり

    ・自律神経の働き整ったり

    ・・・・などなど、研究がたくさんあります。

    実際に鍼を使わないとんとんでも、このような変化があることがわかっています。

    ですので、心と身体の調子を改善し、ストレスケアにも良いわけなのです。

     

    どんな時にするといいの?

    ストレスを感じるときはいつでもしてください。

    例えば

    よくわからないけど何かすっきりしない時、

    何か気に病むとき、ストレスを感じるとき、身体が緊張したり動かない時、痛みを感じるとき、眠れない時、

    焦ったとき、怒ったとき、悲しい時、不安な時、怖い時・・・・・

    などなど・・・

    また、寝る前に心と体をゆるめよう、ちょっとリラックスしたいな、なんとなくの気分転換に・・・というようなときにも

    良いですよ^^

     

    とんとん、タッピングの方法

    このとんとん、タッピングのやり方は、色々な「方法」があります。アレンジが満載なのです。

    また、とんとんタッピングすると良い「個所」も、胸以外に顔や指など、身体に数十か所あります。

    ですが、今回は辻さんが「胸」って言ってるいるので(^^♪

    胸をとんとんする、とても簡単な方法をお伝えしたいと思います。

     

    ①鎖骨の下、喉の下のあたりを指先でやさしくタッピング、とんとんと叩きます

    ②とんとんのリズムはご自分が心地よい感じのものでOK

    ③強さは優しくそっとで大丈夫

    ④そのまま静かにとんとんとん・・・・、数十秒~1・2分程度つづけてみましょう。

    この時、身体に意識をむけてみましょう。何か気になる身体の感覚や感じがあればなんとなくそれに気づいていてください。

    とんとんが身体に響く心地よさやその刺激を感じるのも良いです。

    ⑤いったんお休み、休憩します。数十秒程度 ※ここがなかなかのポイントです!

    休憩の時に、人によっては自然と深い呼吸をしたくなったり、身体がぶるっと震える感じがあったり、身体がすっとゆるむかんじがあったり、あるいはそれ以外の感じがあったりします。また、なにも感じないということももちろんあります。いずれにしても、ただ、その在る「感じ」のまま気づいて、起きるままにしておきます。

    ⑥また、とんとんを先ほど同様に続けてみましょう。

    ⑦④-⑤を何度か繰り返して程よいところで終わりにします。

     

    身体と気持ちに意識を向けてみよう

    始める前より、すこし落ち着く感じや、呼吸がしやすくなる感じ、なんだか気持ちが良いような感じ・・・・そういった変化を感じられるかもしれません^^

    その時どきによって、いい感じの変化を感じられることもあるし、あんまり変わらないな・・・と思うこともあると思います。

    どんな変化があるかな、ないかな、感じてみてください。

    とんとんはいろいろな良い効果が期待できますが、さらに

    道具もいらない、お金もかからない、簡単で労力もいらない、副作用もない・・・良いところがいいっぱいです。

    ですので、どんどん試してみてくださいね♡

     

    ある受講生さんは「頭痛の予兆があるときにトントンをゆっくりしていると、頭痛が起きないんです」と教えてくださいました。

    その方は胸以外の個所も含めた方法で、15分くらいで続けていると収まるそうです。

    何もしないと激痛が起きて寝込んでしまうこともあるそうです。(病院でどこにも異常はないと言われています)

    こんな風にじっくりやってみるのも良いでしょう。

    気軽に続けているうちに、なんとなくコツがつかめたり、感覚がわかってくるのもあると思います。

     

    私はよく寝る前に、お布団の上に座って、とんとんとん・・・ってしているんです。

    ふ~~~~と気持ちが落ち着いて眠くなってきます。

     

    ぜひお試しくださいね!辻仁成さんありがとう~~~~♡

     

    心と身体に優しい情報をお届けしています

    ★『読むセラピー』メルマガの登録は こちら

     

    ———-—————–お知らせ———-—————–

    ★オンライン講座

    心と身体のセルフヘルプに役立つ講座をいくつかオンラインで開催します。

    1時間半~2時間くらい、とっても参加しやすいお手頃価格でご案内予定です。

    確定後、メルマガでご案内しますね

    個人セッションについては こちら

    ★『読むセラピー』メルマガの登録は こちら

    ★葵井美香子FB お友達申請歓迎、メッセージつけてくださいね こちら

    —————————————————————