セラピー一覧

  • optimal sense therapy ~受講コースのご案内~

    癒しが起きるとき心理セラピーをはじめて習ったのが2010年。最初は「やり方」を覚えてその通りにやるということで精いっぱいでしたが、少しづつ経験を積み重るなかで、「なぜそうするのか?」に興味がいくようになりました。そしてまた「人はどんな時に癒されるのか」ということを3000症例以上のセラピーに取り組み観察するなかで、誰にでも共通と言える「癒しが起きるとき」というものがあることに気づきました。この癒し...

    続きを読む→

  • とても落ち着いて自分や出来事を観る事ができています

    先日、Optimalsensetherapyのセッションをお受けくださったKさんから素敵な感想をいただきましたのでご紹介しますね。テーマになさったこと、セッションの初めは焦りのような混沌とした感じをお話されていましたが、感想に書かれてある「とても落ち着いて自分や出来事を観る事ができています」という言葉に、セッション後の変化をしっかり感じていただけているようです♪OSTはその人の中の自然な気づきや動...

    続きを読む→

  • 本当の気持ちがわからないときは

    私たちの身体はすごいな~~ってつくづく思います。心と身体は繋がっている・・・・なんて聞いたことあると思いますが、繋がってるなんてもんじゃない・・・というくらい、心のケアに、身体を無視することはできないと思います。例えば、不安な時むねがざわざわします。怖い時身体に力が入ったり、悲しい時涙がこぼれたりします。そういうのって、自分の意志と関係なく起きている『身体の反応』ですね。それはその時それが必要であ...

    続きを読む→

  • 災害や事故のときの「心の応急処置」

    北海道胆振東部地震がありました。先日(9/6)の北海道胆振東部地震。私が住む函館も夜中の3時過ぎに揺れました。震度5弱でした。どんな風に目が覚めたかは不明なのですが、気づくと布団の上で娘を抱き寄せて座っていました。けっこう大きな揺れが続き、静かに収まるのを待っていました。ゆれが収まり、様子を知ろうとしましたが、テレビも照明もつかないことに気づきました。停電です。一時的なものかと思いきや、北海道全体...

    続きを読む→

  • EFTとの出会い、ロンドンの秋の日

    EFTタッピング、はじめての出会い2010年の秋。優しい木漏れ日が気持ちいい、静かな古い教会。ここでセラピスト養成コースが始まりました。何日か過ぎたころです。先生がみんなの前で実際のセッションを見せてくれました。身体のツボ何か所かを、指でトントン軽く優しく叩く「タッピング」このタッピングとともに、心理学的に有効な言葉を組みあわせながら、トントン・・・・そうすると、あら不思議、「イライラ」とか「悲し...

    続きを読む→

  • TOKIO山口さん アルコール依存を心の視点から

    TOKIOの山口達也さんが、書類送検・・・・このニュースに驚かれた方も多いことでしょう。まずは、被害にあわれた女子高生の方の心の傷がきちんとケアされる場が得られることを望みます。それは当然ですし、たしかに彼のしたこと自体は良くないことですが、ただ気になるのは(確定ではないですが)ニュースなどからの情報で彼はどうもアルコール依存症のようです。通院や入院をされていたとのこと。退院されたその日に焼酎一本...

    続きを読む→